99.9seasonⅡに安達祐実が石川敦子役で出演。家なき子ネタが満載?

99.9seasonⅡに安達祐実が石川敦子役で出演。

日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」

3話に石川敦子役で安達祐実さんが出演しました。

安達祐実さんのドラマでの役柄などについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

99.9-刑事専門弁護士ーSEASONⅡ 3話ゲスト 安達祐実が演じる石川敦子とは?まさかのあの名台詞!

日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-SEASSONⅡ」3話のゲストとして出演した安達祐実さんが演じる石川敦子は、事件の被害者であり、目撃者です。

フリーライターとして活動する女性で、今回、安田尚樹といわれる男性が殺害された事件の被疑者として逮捕されたロック歌手・ジョーカー茅ヶ崎が事件当日の犯行時刻と同時刻に安田の事務所のあるビルから出てくるのを目撃したことで、何者かによって鈍器(モアイ像の写真立て)で就寝中に殴られ重傷を負わされました。

頭部に深い傷を負わされた石川敦子は、意識不明の重体で病院に入院していましたが、意識を取り戻したことで、証人尋問をうけることに。

ただし、石川敦子はまだ裁判所に来れるほど回復したわけではないので「出張尋問」という形で、裁判所が病院に出張して尋問をします。

病院にて、検事、弁護士から尋問を受ける石川敦子ですが、証言が少々おかしい。

検察側から、モアイ像の写真立ての画像を見せられ、見覚えがないかという問いに対し最初に出た言葉は「凶器ですね」。

これには深山がすかさず疑問として、なぜ寝ていたのにモアイ像の写真立てが凶器だとわかったのかと聞きますが、意識を取り戻して尋問が始まるまでの間に、婚約者の村野正義からいろいろと聞いていたからだといいます。

深山はかなり引っかかるところがありながらも、それで引き下がります。

石川敦子の証言の不自然な点はそれだけでなく、弁護人側の反対尋問の際にもありました。

ビルから出てくる被疑者・ジョーカー茅ヶ崎を見たことは間違いないかという質問にはっきりと間違いないという石川敦子ですが、続けて深山がそのとき、どんな茅ヶ崎がどんな服装だったかと聞くと「雨でよく見えなかった」といいます。

顔ははっきりと見たのに、服は見えなった。続けて深山は服の色について聞きますが、それも「雨で見えなかった」。

深山は茅ヶ崎を見た日の雨の状況を確認すると、石川敦子はかなり降っていたといいます。

かなり雨が降っている状況で、どんな服装だったか、どんな色だったかもわからないのに「顔」だけははっきりと見たと証言する石川敦子。

石川敦子はなぜ茅ヶ崎の顔だけははっきり見たのかというと、茅ヶ崎は特徴のある髪型をしているからだと答える。

しかし、茅ヶ崎が安田の事務所を訪ねた際は、髪はセットしておらず下ろしていたということを深山は伝えると、石川敦子は茅ヶ崎は特徴のある顔だからと証言を変更。

顔より体の方が範囲が広いのにと深山が続けたところで、石川敦子は体調を崩したような素振りを見せたため、証人尋問は中断することに。

深山は、石川敦子の証言があまりに不自然なため、事件当日と同じ状況で、本当に顔が見えたのかどうかを確認するべきだと裁判長に主張。

「事件当日と同じ状況」つまり雨の日で且つ降水量の多い日ということになります。

裁判の延期を天気任せにするのはどうなのかと検察側から主張があったものの、深山は、この件については「茅ヶ崎の顔が見えたのかどうか」が重要な争点になると押し切り、雨を待つことに。

そして、当時とほぼ同じ状況がつくられた日に、石川敦子が茅ヶ崎をみたカフェで、同じ席に座らせ、再現検証をすることに。

検証では、被害者・安田尚樹の事務所のあるビルから、深山たちが用意した人間に出てきてもらったのですが、石川敦子はビルから出てきた人間の顔を「見えませんでした」と即答。

事件当日は、ここまで強い雨ではなかったというのです。

事件当日と同じ状況ではないということで無意味だと立ち会った検察官は帰っていったのですが、そのあとも、深山たちは撮影を続けて、石川敦子にかまをかけたのです。

深山はコンタクトをつけてくるのを忘れたと、目が悪いふりをして、カフェの近くにある幼稚園の看板が何と書いてあるのか石川敦子に聞きました。

石川敦子は「おおいずみ幼稚園」と答え、あんなに大きな看板なのにみえないんですかと言いましたが、実は、これには仕掛けがあったのです。

深山が石川敦子に確認した幼稚園の看板は、再現検証の日は事前に幼稚園の許可を取って深山たちが別の看板に張り替えられていました。

「奈ッ楠幼稚園」と大きく書かれた看板。石川敦子自身、深山に対してあんなに大きな看板なのに見えないんですかと言っているにも関わらず、看板が張り替えられていることに気づいていなかったのです。

石川敦子の目には異変が起きており、自宅アパートの玄関周りの掃除をする際も、ゴミを見逃すようになったという大家の証言や出張尋問時に、婚約者である村野正義の姿を確認できていなかったことを尾崎から指摘され、石川敦子の目が見えていないことを検査ではっきりとさせれば、目撃証言は覆るとされました。

更に尾崎は、凶器に使われたモアイ像の写真立てを石川敦子に見せ、後ろに書かれたメッセージを確認してもらいました。

モアイ像の写真立ては、石川敦子と婚約者の村野のもので2つあり、そのどちらにも「相思相愛」というメッセージがマジックで書かれていたのですが、実は村野のものには石川敦子が「相思相愛」の「愛」の上の方に小さく「も」と書き加えており「モアイ像」と「も愛」をかけたものにしていたのです。

凶器に使われたモアイ像の写真立てには「も愛」と書かれていることに気づいた石川敦子は、今まで証言は嘘で、茅ヶ崎は犯人ではないと断言。

なぜなら、自分をモアイ像の写真立てで襲った犯人は、婚約者の村野正義だったことが石川敦子にはわかってしまったからです。

安達祐実の名台詞「同情するなら金をくれ!」

安達祐実さんは愛する婚約者に裏切られ、殺されかけるというかなりきつい役柄でしたね。

ちなみに、石川敦子の目の異変は白内障が原因ということでした。

それにしても、石川敦子が襲われる直前に何か寝言を言っていましたが、よく聞くと「同情するなら……」と言っていましたよね。

本来なら「同情するなら金をくれ!」と言っていたのではないかと思いますが、何十年ぶりかにまさかの名セリフ(笑)

しかも、ご本人から直々に聞くことになるとは、かなりのファンサービスですよね(笑)

どうせなら最後まで聞きたかったですが、言い終わる前に鈍器でぶん殴られるというオチ。

村野正義、どこまでも空気の読めない男です(笑)

99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ 3話ゲスト 石川敦子演じる安達祐実とは?

安達祐実のプロフィール

名前:安達祐実(あだち ゆみ)

生年月日:1981年9月14日

出身地:東京都台東区

身長:153㎝

血液型:A型

活動期間:1984年~

所属事務所:サンミュージックプロダクション

 

安達祐実といえば

安達祐実さんといえば「あま~い!」でおなじみのお笑い芸人スピードワゴンの井戸田潤さんの元奥さんです。

子役として早くから芸能界で活動をしていて、もはや伝説的存在。

今回の「99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ」でも出てきた「同情するなら…」は安達祐実さんの代表作品「家なき子」での名台詞。

「同情するなら金をくれ!」はあまりにも有名ですよね。

シンプルなのにめちゃくちゃ突き刺さる台詞だと思います。

ちなみに主人公・相沢すず役を演じたときの安達祐実さんは、まだ12歳。

その凄まじい演技力で一躍脚光を浴びることに。

「家なき子」以降は、ほんとうに多種多様な性格の役を演じるようにった安達祐実さん。

ときには10代前半で30代の役を演じたり、20歳近くで5歳前後の少女役を演じるなど、さすがに無理がありますよねそれっていう年齢設定の役もこなしています。

無茶苦茶な年齢設定も、演技力で全てカバーといったところでしょう。

 

演技力もなんですが、正直、安達祐実さんって、途中から年齢不詳といわんばかりに外見が変わってないんですよね。

久しぶりに今回の「99.9」で見た気がするんですが、それでも数年前とあまり印象が変わっていないのが末恐ろしい。

現在36歳なので、さすがに20代前半とは言い難いですが、20代半ば~後半とかの役ならメイクの仕方とかで何とでもなる気しかしません。

今回演じた石川敦子は実年齢よりも4歳上の40歳という設定ですが、あんな美人な40歳早々いないです。

特に寝言を言っていたシーンは、年齢を感じさせない可愛らしさがありましたよね。

いまやレジェンド扱いしてもいいのではと思える安達祐実さん。

子役としては伝説扱いでも問題ないとは思いますが、今後の女優業にも大いに期待です。

99.9seasonⅡ まだあった!安達祐実の代表作「家なき子」ネタ!

安達祐実さん演じる石川敦子の寝言「同情するなら……」という台詞は安達祐実さんの代表作「家なき子」で有名な台詞というのはお伝えしました。

実は「99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ」の3話にはまだ「家なき子」ネタが隠されていたのです。

こちらは何の変哲もない、犬の散歩をしている小学生くらいの女の子。

正直、これだけでは何のこと?単なるエキストラか何か?という感じです。


こちらは当時「家なき子」で相沢すずを演じていた安達祐実さんと、すずの相棒ともいえる犬「リュウ」を演じた柴犬のピュンピュンです。

「99.9seasonⅡ」に出ている小学生の女の子の風貌と犬、めちゃくちゃ似てますよね(笑)

ちなみに犬と女の子が通っているコーポの名称は「コーポラスリュウ」ということで、ここでも「リュウ」の名前が使われていました。

安達祐実さんがゲスト出演ということで、めちゃくちゃ「家なき子」ネタを交えてきたなという感じですね。

スポンサードリンク

(まとめ)99.9seasonⅡに安達祐実が石川敦子役で出演。家なき子ネタが満載?」

日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-seasonⅡ」第3話にゲスト出演した安達祐実さん演じる石川敦子についてお伝えしました。

安達祐実さんの代表作「家なき子」に関するネタが盛り込まれていましたね!

寝言で「同情するなら……」って石川敦子は一体どんな夢をみていたのでしょうか。

白内障で目が悪いということについて「同情するなら……」ってことですかね。

なんにせよ、安達祐実さんは相変わらず綺麗で、演技も上手かったですね。

以上「99.9seasonⅡに安達祐実が石川敦子役で出演。家なき子ネタが満載?」についてでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください