99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡの1話視聴率・ネタバレ感想は?榮倉奈々もしっかり出演?

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡの1話視聴率・ネタバレ感想は?榮倉奈々もしっかり出演?

日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」。

1話を実際にみてわかったことや、感想、視聴率をお伝えします。

スポンサードリンク

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ 1話を見てわかったこと(ネタバレ)

深山大翔は相変わらず、独特の感性を持ち、寒いギャグばかり飛ばす変人弁護士だった。

佐田先生は、後任の弁護士を立てて刑事ルームを抜け、民事の方に戻っていたが、後任の弁護士たちは深山のやり方に我慢しきれず早々に辞めていってしまうため、斑目所長から刑事ルームへ戻るよう指示される。

前作での、深山、佐田先生らの活躍もあってか斑目所長は弁護士会の会長になっていた。

立花先生(榮倉奈々)は、新しい世界を求めて海外留学し、刑事ルームは立花先生の後任を探している。

斑目所長から、刑事ルームに戻る佐田先生へ2つの条件が出され、1つ目は立花先生の後任が見つかれば刑事と民事を兼任してもいい。2つ目はちゃんと定着できる佐田先生の後任がみつかればマネージングパートナーを譲るというものだったかが、佐田先生はまるっきり信用していない。

深山の相棒・明石は相変わらず司法試験を突破できずにいる。

双子の娘を持つパラリーガルの藤野宏樹は、前作に引き続き刑事ルームのパラリーガルをしている。

前作で刑事ルームのパラリーガルをしていた戸川奈津子は、企業法務を担当していた志賀先生と結婚し、寿退社。ハワイで挙式をした様子。

志賀先生も、結婚を機に斑目法律事務所から独立してレッツビギン法律事務所を立ち上げた。奈津子も仕事を手伝っている様子。

奈津子の後任のパラリーガルとして中塚美麗が佐田先生の指示で着任。海外留学した立花先生のプロレス好き枠として登場(笑)

中塚は、深山の癖のすごい速記を初見でまとめることができるほどの解析・読解力があり、わかりやすくまとめている上に字も綺麗なため、藤野から明石はもういらないのではと言われる。

殺人事件の容疑者として逮捕された父親を助けてほしいと、鈴木加代が元裁判官の友人・尾崎舞子を連れて弁護依頼にやってくる。

無実を主張する父親を助けてほしいというのが加代の依頼だが、代理で佐田先生らと話をする尾崎舞子は、事件記録などから有罪である可能性が高いと判断し、情状酌量を求めてほしいという。

深山は舞子の元裁判官らしい判断の仕方に、どうやらイラついている様子(前作から謎の多い父親の事件のことで、裁判官に反感を抱いているものだと思われる)

深山は早速、席巻に向かうが、それに舞子も強引に同行。そこで裁判官時代に、数年前から「ふかやま」という迷惑な弁護士がいるという話をする。

席巻の場で、0.1%の事実を追求しようとする深山の行動に納得いかず口を挟む舞子だったが、深山は露骨に裁判官に対する嫌悪を出していき、改めて舞子に名刺を渡し「ふかやまと書いて深山(みやま)です」と皮肉たっぷりの挨拶を交わす。

加代の父親、鈴木テックスの社長・鈴木二郎から前作同様、出身地や出身校など事細かに聞いていく深山。

事務所に戻った深山と舞子だったが、舞子は自分が依頼したこととは違うと抗議するものの、深山は依頼人でもなんでもないからと相手にしない。

そんな様子をみた佐田先生が策を講じて、舞子を弁護士として雇うという。弁護士になれば深山と同等の立場で話をすることができると言われた舞子は渋々、今回限定で雇用契約を結ぶことに。

パラリーガル・中塚による深山の席巻記録の解析が終わり、刑事ルームで事件についての会議が行われる。

 

事件の被害者は、鈴木社長が借金をしていた沢村ファイナンスの社長。

6月2日の早朝。第一発見者はビルの清掃員で、清掃のために合鍵を使って入ったところ沢村社長が血を流して倒れているところ発見。

死因は前頭部をハンマーで殴られたことによる脳挫傷でほぼ即死。殴られた回数は1回のみ。

死亡推定時刻は前日の夜、20時30分

鈴木社長が沢村社長の事務所を訪れたのは、21時30分だと証言している。

鈴木社長は沢村社長から1000万円の借金をしており、その返済が滞り、期限を延ばしてもらおうと交渉に行ったところ口論になり殺害に至ったとされている(舞子談)

また鈴木社長北大崎アリーナ広場にて、社員の伊藤亜紀に会い、写真を撮影したとされ、写真に写っている時計は20時10分を指していた。

しかし、鈴木社長会社を出たのは21時過ぎだったと証言をしているが、虚偽だと思われる(舞子談)

鈴木社長が事務所に訪れた時間は20時30分なのか21時30分なのかが問題。20時30分だとすれば鈴木社長が犯人の可能性は極めて高い。

犯行当日、鈴木社長は売掛金を6社から計500万円を回収しており、深山は殺そうと思った相手にお金を返そうと思うかと疑問を抱く。

舞子は、返しにいったけど半分しかなく口論になり衝動的に殺したんだと断言する。

 

深山は、衝動的にという舞子の言葉から、事件の再現検証をすることに。沢村ファイナンスの入っていたビルで、同じ間取りの空き室を借り、事務所を再現し、犯行に及んだ過程を刑事ルームのメンバーで検証していく。

明石が鈴木社長役、舞子が沢村社長役を演じることに。舞子はこんなことは無意味だと拒否するが、深山は無意味なものはなく、調書通りならそれが事実ということになり、違うなら新たな事実がわかると言う。(確かに)

再現検証(1回目):事務所をノックされたので、舞子(沢村社長役)は扉をあけ、明石(鈴木社長役)に、立ち尽くしてないで早くハンマーで殴りなさいと指示をし、殴られた舞子は仰向けでマットの上に倒れる。

検証結果(1回目):鈴木社長は500万を返すつもりできたはずなのに、何も話をすることなくいきなり殴ったのか?→そんなはずはないとメンバーの意見は一致。

深山から舞子へもっと沢村社長になりきるように指示が出される。沢村社長は横柄な態度の男らしい。

再現検証(2回目):扉を開けた舞子(沢村社長役)は明石(鈴木社長役)の胸倉をつかんで、事務所の奥にあるソファーの方へ引きずり、突き飛ばすようにソファーへ座らせ、口論に発展させ、明石の胸倉を掴んで引きずり回している最中に、明石にハンマーで殴るように指示。殴られた舞子はソファーのある奥の方から、意識朦朧となっているかのようにフラフラと入口付近のマットの上で仰向けに倒れる。

検証結果(2回目):検視報告では、頭部を殴られたことによる脳挫傷でほぼ即死なのに、そんなに歩けるか?→メンバー全員、歩けるはずはないと意見は一致。

舞子は追い返そうとしたときに殴られたんだと、3回目の再現を要求。

再現検証(3回目):お金はこれだけしかないという明石(鈴木社長)を事務所の奥から引きずり、入口の方で追い返している最中に舞子(沢村社長)はハンマーで殴るよう指示をするが、明石はもたつきながらも、バッグからハンマーを取り出し、舞子を殴る。殴られた舞子は入口付近のマットの上に仰向けで倒れる。

検証結果(3回目):追い出そうとしている相手が、もたついて何か取り出そうとしているのを待っているだろうか?→メンバー全員、待てないだろうと意見は一致。

3回の検証から、深山は遺体の位置関係から、殴られたのは入口付近であることだけは間違いないだろうという。

舞子は、それなら、やはり来た瞬間に殴られたのだろうと言うが、深山は、お金を返そうとした人間が、話し合うことなくいきなり殺そうとしたということでいいかと確認し、舞子はそうだと言い切る。

対して、深山は、それなら、この犯行は計画的なものになるが、舞子が言い合った末に衝動的に犯行に及んだと断定していたことと違うと指摘する。

 

深山と明石は、鈴木テックスの社員・伊藤亜紀にアポを取っており、鈴木社長が伊藤の写真を撮影したという北大崎アリーナ広場で待ち合わせ、事件当夜に撮影された写真と同じ場所、同じ位置に伊藤に立ってもらい、写真を撮影する。

撮影後に、深山は伊藤亜紀から鈴木社長と会った時間を確認。伊藤亜紀は20時過ぎに鈴木社長と会ったと証言する。

翌日(だと思われる)に、深山と舞子は、鈴木テックスを訪ねて、男性社員・阿部充から事件当夜の話を聞く。

阿部は事件当夜、翌日分の材料発注を忘れていたため、発注作業のため会社に戻った。その時の時間は20時前だと証言。

発注の電話をかけている最中に、鈴木社長は時計を見て慌てた様子で出て行ったらしい。

発注の時間は、発注先の田口ジャパンに記録が残っているのではないかという。

阿部の証言から、深山と舞子は発注先の田口ジャパンを訪ね、受注記録を確認。阿部からの発注の電話事件当夜の20時1分にあったと確認がとれた。

深山は、自分の携帯から田口ジャパンに電話をかけ、田口ジャパンの電話機の自体の時間がずれていないかを確認→時間のズレはない。

 

事務所に戻り、舞子が状況整理すると、阿部、伊藤の証言から鈴木社長の犯行を裏付けるものだと主張するが、深山はまだすべてを見たわけではない、見ていない証拠に何かが隠されているかもしれないといい、0.1%の事実を追求することを変えない。(佐田先生から情状酌量に切り替えろといわれても、拒否)

鈴木加代が事務所に来訪。舞子が情状証人を集めるために呼んだという。状況証拠から、鈴木社長が犯人の可能性が高いため、情状酌量のために鈴木社長をよく知る人を紹介してほしいというが、鈴木加代は、舞子が何と言おうと絶対にやっていないと拒否。

加代は、事件当夜に父親がくだらないダジャレをいったというのが根拠だという。人を殺した人間がその直後にそんなくだらないダジャレはいわないだろうと。

これには同席していた佐田先生も納得し、鈴木加代が戦う覚悟があるなら、情状酌量へ切り替えず、このまま戦うという方針で行くことにした。

 

深山は、取り寄せた田口ジャパンの受注時の音声記録を何度も繰り返し聞いていると、水の音のようなノイズ音が入っていることに気づく。

パラリーガルの中塚と藤野にも確認をしてもらっている最中に、伊藤亜紀のインスタグラムを嘗め回すように閲覧していた明石が、伊藤亜紀には彼氏がいるということに発狂。

「小料理屋 いとこんち」に戻った深山は料理を作りながら、頭の中で状況を整理していく。

完成した料理をお店の常連客である加奈子たちに出すと、加奈子がお店の宣伝のためにSNS用の画像を撮ろうと騒ぎ、別のお客に写真を撮ってもらうが、写っている角度に不満があり撮り直しているのを見て深山は料理が冷めたら、料理に失礼だろうと激怒するが、深山は角度に不満がある加奈子の言葉から何かを閃き、撮影した画像を見せてもらい、あることに気づく。

あることに気づいた深山は、再び伊藤亜紀を呼び出し、以前撮影した写真がうまく撮れていなかったという理由で、もう一度同じ写真を撮らせてもらう。(今回は深山の指示で藤野が撮影)

深山は、裁判所に提出された伊藤亜紀が写っている証拠写真と、今回、藤野が撮影した写真を見比べ、何か気づくことはないかと佐田先生に質問。

佐田先生は、伊藤亜紀の背景に写っている「ほや坊や」の位置にズレがあることから、2枚の写真を撮ったカメラの角度が違うことを指摘する。

深山は、裁判所に提出された証拠写真は鈴木社長が、もう1枚は藤野が撮影したものだと説明するが2人とも身長は160㎝程度。

同じ身長の人間が撮影した写真は、背景も含めて同じ角度で写るはずだが、2枚の写真にはズレがある=証拠写真として提出された写真は別の人間が撮影したもの。

中塚から、藤野が脚立に乗って撮影した写真のプリントアウトしたものもらい、3枚の写真を比べると、脚立に乗って撮影した写真と、提出された証拠写真の角度が同じになっている。

脚立に乗った藤野の背を計ると180㎝程度の高さがあるため、証拠写真として提出された写真は160㎝の鈴木社長ではなく、180㎝程度の別の人間が撮影したものだと判明。ただし、この時点では誰が撮影しかは不明

深山は、証拠提出された写真を見ていると、背景に写りこんでいる人がスマホを撮影者のいる方に向けている(写真か何かを撮っているに見える)ことに気づき、その人物がもっている紙袋から何かわかるかもしれないと推測するがぼやけていてわからない。

そこで落合に画像解析を依頼。落合は画像処理エンジニア検定に合格し、エキスパートの称号を取得したらしい。(前作でもプラモデル検定2級、ジグソーパズル超達人検定1級など本業の弁護士とはかけ離れた資格を多数持っている)

落合のおかげで、写真に写っていた人物の持っていた紙袋から「プリント・デヴィット」という会社の人間である可能性がわかり、深山は「プリント・デヴィット」を訪れ、写真に写っていた男性から、事件当夜に北大崎アリーナ広場で撮影していた動画を入手する。

動画には伊藤亜紀の姿は確認は写っていたものの、伊藤亜紀を撮影していた人間は写っていなかった。しかし、深山は動画から何かを掴んだ様子。

 

事実を追求した深山たちは、法廷に挑む。

証人尋問で、深山は伊藤亜紀に鈴木社長と会った時間を確認→伊藤亜紀は20時10分と答える。

深山は証拠提出された写真を証言明確化のために示し、尋問を続ける。

尋問のやりとり:

撮影したのはどなたですか?→鈴木社長です。

鈴木さんはどうやって撮りましたか?→(携帯を顔の前に持ってくるような仕草をして)こうやって撮りました。

顔の前で携帯を構えてとった、間違いないですか?→はい。

深山はこの写真は鈴木社長に撮れるはずはないと前置き、新たに別の写真(藤野が撮影したもの)を提出。

見比べると「ほや坊や」の位置にずれが生じていることがわかり、証拠提出されていた写真は鈴木社長より20㎝ほど高い人間が撮影しないと撮影できないものだと、伊藤亜紀の主張を崩す。

焦る伊藤亜紀は、もう少し上で撮ったと主張を変えるが、最初にはっきりと顔の前と言ったと深山は追求。伊藤亜紀は顔より上に携帯を構えて撮影したと言うが、撮影方法が不自然な上に、裁判官たちは伊藤亜紀の主張に疑問を抱いている様子。

 

伊藤亜紀の証人尋問が終わり、鈴木テックスの社員・阿部充への尋問が始まる。

尋問のやりとり:

会社で鈴木さんを見かけたのは何時ですか?→20時すぎです。

それは間違いありませんか?→間違いありません。発注先の田口ジャパンに電話をかけていたときに社長が出て行ったんです。その音声が残っているはずです。

どこから電話をかけましたか?→会社のデスクからです。

深山は記憶喚起のため、田口ジャパンの音声記録を再生。そこでノイズ音が入っていることを指摘し、この音はなんでしょうかと阿部に確認する。

阿部は「蛇口かトイレの音じゃないですか?」と答えるが、そのとき、会社にいたのは鈴木社長と阿部の二人ではと確認するが、確認ないことだと検察側から異議を申し立てられ却下に。

深山は質問を変え、伊藤亜紀とはどのような関係かと尋ねる。

阿部は「会社の同僚」だと答えるが、深山は伊藤亜紀のインスタグラムの写真を証拠として示し、アップされた何枚もの写真には阿部が写っていた。ただの同僚が伊藤亜紀の行く先々についていくかと尋ねるが、阿部は何も発しない。

深山は阿部に身長を訪ね、181㎝と答え、深山は証拠写真として提出された伊藤亜紀の写真は阿部が撮影したものかと尋ねるが、阿部は否定。

深山は「プリント・デヴィット」の社員が撮影した動画を入手したとし、この動画で誰が撮影したかわかるとして、それを新たな証拠として提出。検察側は事前申請のない証拠だとしたが、確認の上、法廷で開示することに。

もちろん、動画には誰も写っていないので、阿部は誰も写っていないじゃないかと反論するが、深山は「誰が撮影したかわかる」と言っただけで、誰かが写っているとは言っていないと反論。

動画の最後に、噴水が映し出され、一定間隔で水が噴き出すシーンが映されている。

噴水からでる一定間隔のザーッという音と、田口ジャパンの音声記録を重ねると見事に一致する。音声記録に残されたノイズ音は、北大崎アリーナ広場の噴水の音だった。さらに深山は、このリズムを刻むパターンは20時から15分しか流れないものだという。

これにより、阿部が20時過ぎに噴水の近くにいたことになり、会社で鈴木社長が20時過ぎに出ていく姿を確認することは絶対に不可能だという。

続けて深山は、なぜ阿部がこのような嘘をついてまで、鈴木社長を殺人事件の犯人に仕立て上げたのかわかっていると言うと、痺れを切らした検察官が「なんだというんだ!」と怒るが、深山は阿部が沢村社長を殺した真犯人だからだと断言。

阿部充、伊藤亜紀のアリバイを見事に崩したことで、鈴木社長には無罪判決が下るだろうと、佐田先生は舞子に報告。

阿部は、普段から給料が安いことを鈴木社長に抗議していたが、聞き入れてもらえなかったことで、犯行に及び、殺人犯に仕立て上げ、恋人の伊藤を使ってアリバイ作りをしたのだろうと言う。

 

深山の携帯に「鏑木美由紀」という女性から連絡が入る。26年前に深山の父親に殺害された「鏑木美里」の妹だと。

美由紀は、深山に返したいものがあるから取りに来てほしいという。

深山は、美由紀に会いに単身、金沢へ。

美由紀から深山の父親のものだという遺留品を受け取った深山は、その遺留品が現場に落ちていたということかと美由紀に確認すると、美由紀は静かにうなずく。

美由紀は、今まで姉を殺した犯人(深山の父親)のものを持たされていたのかと嫌悪し、それを深山に持って帰れと突き返し、これ以上話すことはないといわんばかりに扉を閉めた。

斑目所長と連絡をとる深山は、美由紀から突き返された遺留品に見覚えはなく、絶対に父親のものではないと言う。

26年前の事件の真実につながる新たな証拠がでてきた。

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ 1話を実際にみた感想 榮倉奈々もしっかり出演?

日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」1話。

メインキャストの何人かが変わってしまいましたが、相変わらずの深山の変人っぷりには笑えます。

そして、佐田先生も相変わらず笑いのツボが浅い(笑)

 

榮倉奈々さんも数秒ではありますが、しっかりと出演されてましたね!

榮倉奈々さん演じる立花先生は海外留学ということなので、もしかしたら終盤に出てくる布石かもしれません。

といっても、プロレス枠だった立花先生の代わりにパラリーガルの中塚がその枠をかっさらっていきましたが…。

 

前作では立花先生にアプローチしていた落合も、舞子の登場にあっさり鞍替え(笑)

本編でもいわれてましたけど、落合は本当に弁護士なのでしょうかね。

無駄にマイナーな資格ばかり取得してますし。でも、結局、そのマイナー資格マニアのおかげで助けられることが多々あるんですよね。

 

元裁判官の舞子は、今回限定でと弁護士として雇用されていましたが、まず間違いなく、再雇用でしょうね。

当面は、裁判官としての思考で動くことで、深山の衝突しまくるのでしょうけど、中盤ぐらいからは深山の0.1%の事実を追求するやり方に追従するようになるでしょう。

立花先生も最終的にはそんな感じになってましたし。

ただ、舞子の登場で、前作にあった深山VS佐田先生の構図が壊れてしまったなと思います。

前作は深山と佐田先生がヒートアップして、立花先生が仲裁する感じでしたが、今回は深山と舞子が争って佐田先生が仲介役に。

ちょっと物足りませんね。立花先生カムバック!

あと、舞子の過去……しょうじき、いらないです。過去に闇を持っているのは、もう深山でお腹いっぱいだというのに、そこへメインキャラがもう一人闇抱えてるとか辞めてほしかったかな。

舞子の過去話に時間割くなら、深山の父親の事件に時間割いて、しっかり掘り下げてほしいですね。

キスマイの佐藤勝利さん出すためというのもあるんでしょうけど、前作みたいに最終話あたりのゲスト出演でもよかったのではないでしょうか。

深山、舞子の過去ともに、どっちつかずみたいな感じだけはやめてほしいですね。

 

鶴瓶師匠、相変わらず悪い役が似合います。

いい役もしますけど、私は悪役の方が似合ってるなと思いますね。

あの笑顔が悪役としていつもいい味だしているな関心させられます。

深山は露骨に嫌悪感丸出しでしたけど、当時、父親の事件を担当した裁判官だったりして。

 

1話の真犯人、阿部充でしたが、犯行の動機が給料が安かったから……うーん。

犯行動機が薄っぺらすぎませんか?

給料安いなら別の会社いけばいいじゃないかと思いますが。

それに社長捕まったら、あんな小さい会社終わりでしょう。

会社潰れること見越して、他に転職する前に殺人犯に仕立ててやろうって魂胆だったのでしょうかね。

そんな薄い動機で殺された沢村社長がいたたまれない。

沢村社長自身に恨みがあって殺した末、鈴木社長を犯人に仕立てたとかなら、わからなくもないですが。

 

前作では、回収しきれなかった父親の事件が今作では、とうとう明らかになりそうですね!

現場に残っていた謎の遺留品。

真犯人は誰なのか、続きが気になるところです。

 

それと、前作から思っていたのですが、局違いで実現はできないのはわかりますが、ジャニーズ繋がりで、ぜひ「99.9」の深山大翔と「HERO」の久利生公平で法廷を争ってもらいたいですね。

どっちも0.1%の事実を追求するタイプですし。

というか、そうなるとどうなるんだろう。

そもそも久利生の時点で不起訴処分……なのか?

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ 1話 視聴率は?

日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」の1話視聴率は……15.1%でした。

二桁スタートと、なかなかの滑り出しを決めています。

さすがSEASONⅠが人気だっただけはありますね。

ちなみに、SEASONⅠの1話視聴率は15.5%と若干高めですが、そこまで大きな差はありませんね。

ただ前作は平均視聴率が17%台と高水準。果たして続編である今作は同じ水準を保てるのでしょうか?

スポンサードリンク

(まとめ)99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡの1話視聴率・ネタバレ感想は?榮倉奈々もしっかり出演?

日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」1話の視聴率・ネタバレ感想についてお伝えしました。

降板したと持ちきりで、出演がないと思われていた榮倉奈々さんも数秒ですがしっかりと出演されていましたね。

仲裁役の立花先生がいなくなったことで、なぜか佐田先生が仲裁役に回ってますけど、そうじゃないでしょ!と言いたい(笑)

舞子のおかげで、いろんな立ち位置が変わってしまっている。

舞子は裁判官脳から弁護士脳へ切り替わるまで、どれほど時間がかかるかわかりませんが、当面は衝突しまくりの深山と舞子でしょうね。

以上「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡの1話視聴率・ネタバレ感想は?榮倉奈々もしっかり出演?」についてでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください