99.9 伊藤亜紀役で新妻聖子が1話にゲスト出演。

99.9 伊藤亜紀役で新妻聖子が1話にゲスト出演。

2018年1月期の日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」。

1話に歌手で女優の新妻聖子さんが伊藤亜紀役で出演。

スポンサードリンク

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ 1話ゲスト 伊藤亜紀役の新妻聖子とは?

新妻聖子のプロフィール

名前:新妻聖子(にいづま せいこ)

生年月日:1980年10月8日

出身地:愛知県

身長:156㎝

血液型:AB型

所属事務所:プロダクション尾木

 

新妻聖子さんは、11歳の頃から父親の仕事の都合で、7年間をタイで過ごしていたそうです。

バンコクインターナショナルスクールを卒業後、日本の上智大学法学部国際関係法学科に入学し、大学在学中に「王様のブランチ」のリポーターとして芸能界デビューし、約1年半の間、ブランチリポーターを務めました。

2003年に舞台「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役にオーディションで抜擢され初舞台を踏んで以降、ミュージカルを主軸に活動。

舞台で女優として活動する傍ら、NHKの連続テレビ小説「純情きらり」の挿入歌「夢の翼」でCDデビューを果たし歌手としても活動していく。

2010年の映画「アンダンテ~稲の旋律~」で主演を務めただけでなく、主題歌「アンダンテ」の作曲も担当する。このときの主題歌の作詞は、新妻聖子さんの姉で、シンガーソングライターの新妻由佳子さんが担当されたそうです。

過去の出演暦も、舞台が中心で、ドラマ、映画での活動はあまり目立ったものはありませんが、もしかしたらこれから、舞台中心からドラマ、映画の仕事を増やしていくのかもしれませんね。

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ 1話ゲスト 新妻聖子演じる伊藤亜紀とは?

新妻聖子さんが演じた伊藤亜紀は、1話の被疑者として登場した鈴木社長の経営する鈴木テックスの社員。

season1から深山(松本潤)の相棒として活躍してきたパラリーガル・明石(片桐仁)が嫁にしたいほど超タイプという美人。

一目惚れした明石はストーカーかと思うほどに、伊藤亜紀のインスタグラムなどを念入りに見続け、周囲からはドン引きされていたが、このストーカー紛いの行為が真相究明の鍵になることに。

実は、1話の真犯人である阿部充(長塚圭史)の恋人で、阿部は給料が安いと鈴木社長に抗議していたが受け入れてもらえなかったことで、鈴木社長に罪を着せるために沢村ファイナンスの社長を殺害。

伊藤亜紀は阿部と共に鈴木社長を嵌めるためのアリバイ工作を行なった。

伊藤のアリバイは20時10分に北大崎アリーナ広場で鈴木社長と会い写真を撮影してもらったというもの。

証拠写真として提出された写真には、広場の時計が映されていて20時10分をしっかり示しているが、深山の調査で、身長160㎝程度の鈴木社長が普通に撮っただけでは、絶対に撮影できない写真だと伊藤の主張を崩される。

深山が事前に160㎝程度のパラリーガルの藤野を使って撮影した写真と証拠提出された写真を比べると、背景に写っている「ほや坊や」というキャラクターの位置がずれていることから、証拠提出の写真はおよそ180㎝程度の人間が撮影しないと撮れない写真だとされ、伊藤亜紀のいう鈴木社長に撮ってもらったという証言は崩された。

スポンサードリンク

(まとめ)99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ 伊藤亜紀役で新妻聖子が1話にゲスト出演。

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡに出演した新妻聖子さん演じる伊藤亜紀についてお伝えしました。

伊藤亜紀を演じた新妻聖子さんは37歳とは思えない美しさで、明石が一目惚れしたのもわかる気がしますよね(笑)

しかし、恋人と一緒になって、自分が働いている会社の社長を殺人犯に仕立て上げるってどうなんでしょう。

実行犯の阿部も、犯行の動機が給料が安いという主張を聞き入れてもらえなかったからっていうのも、動機としてはかなり薄っぺらいですよね。

そもそも社長いなくなったら、会社立ちいかなくなるのではないでしょうか。

元よりあまりお金の周りはよくなさそうな状況みたいですし。

真犯人の行動がちょっと稚拙だなとは思いましたね。

以上「99.9 伊藤亜紀役で新妻聖子が1話にゲスト出演。」についてでした。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください