もみ消して冬1話ネタバレ感想・視聴率は?秀作の扱いが理不尽すぎる?

もみ消して冬1話ネタバレ感想・視聴率は?秀作の扱いが理不尽すぎる?

2018年1月クールの土曜ドラマ「もみ消して冬」

1話の放送が終了しました!

1話をみてわかったこと(ネタバレ)や感想、視聴率についてお伝えします。

スポンサードリンク

もみ消して冬1話でわかったこと(ネタバレ)

北沢家の母親は既に他界しており、父・泰蔵、長男・博文、長女・知晶そして主人公の秀作の4人家族。

楠木は北沢家に執事見習いとして入って2日しか経っていないド新人。

知晶は朝はパンのお代わりをしない。

秀作はパティシエになろうかと思ったほど、甘いものが好き。

北沢家の三兄弟は全員東大卒業のエリート。そのことを父親が本にしたことで注目を集めた。

長男・博文は若くして天才外科医といわれ、数々の難手術を成功させ、病院の副院長候補となっている。

長女・知晶は泣く子も黙る敏腕弁護士で、活動の幅を政界にも広げている。

秀作はエリート警察官で将来の警視総監を目指している。

1話で北沢三兄弟が解決すべき問題は、父・泰蔵が自分の経営する学校・北沢学園の生徒の母親と男女の関係を持ち、寝ている間に全裸の写真を撮られてしまった。

写真を撮った女性は金に困っており、泰蔵に援助しろと脅してきており、1枚1000万円で買い取りしない場合は写真をマスコミにリークするという。

秀作は、父親からも、兄からも、姉からも嫌われている?

・父の泰蔵は秀作からの誕生日プレゼントは毎年、封も開けずに北沢学園のバザーに出品していて、必ず売れ残ると嘆いている(知晶・博文談)

・知晶・博文はその事実を知りながら秀作には今まで一度も知らせていなかった。

・秀作は三兄弟の中で一番頭のできが悪く、父親から疎まれ、兄や姉からもそのことを言われていたという。耐え切れず家を飛び出した5歳のときも迎えにきたのは執事の小岩井。

泰蔵に金銭を要求してきてるのは、島畑富士子(42歳)。

知晶は正義感の塊で、父親を助けたい気持ちよりも、汚いやり口で北沢家を陥れようとする女が許せない。そして、かなり理不尽な性格。(朝はパンをお代わりしないと言っていたのに翌日にはおかわりをする上にキレるなど)

博文は一番父親を信用しているようで、実は自分のことしか考えておらず、自分が一番の自分大好き人間。

秀作が警察官になったのは、兄と姉に決められたからで、自分の意思ではない。

島畑富士子は、和解したが金銭問題で裁判を起こされた過去があり、通っているスポーツジムに男がいる(知晶情報)

博文は、島畑富士子の下腹部のエコー写真、マンモグラフィー画像と写真を交換してはどうかと提案。(却下される)

秀作は、交渉術に長けた自分の後輩・尾関から交渉ノウハウを聞いて、島畑富士子と交渉すると提案。(父親のことは外部に漏らさない条件で承諾される)

秀作は、あっさりと尾関から説得術を聞き出そうとしていることを見破られ、個人的な私生活で使うようなら教えることはできないと断られる。

秀作に名誉挽回のチャンス(?)として、博文の務める病院に島畑富士子が精密検査にやってくるため、秀作が清掃員として潜入し、検査中の数分間の間に島畑富士子の携帯のロックを解除し、画像を消去しろという指令が下る。

秀作は、犯罪行為だと断るが、結果的にその指令を遂行することに。スマホのロック番号は知晶がいくつか可能性の高いものをピックアップしていた。

秀作は、スマホを見事に島畑富士子のバッグからスマホを抜き取り、ロックを解除するが、画像消去の段階で、余計な時間をかけてしまいバッグに戻すことができなかった。

島畑富士子の携帯を持ったまま病院を後にした秀作は、海に行き、スマホを海に投げ込んでしまう。

結果として、島畑富士子からの連絡は途絶え、富士子の息子も北沢学園を辞めて別の学校に転校していくことになった。

秀作の活躍(?)によって、父親・泰蔵並びに北沢家の地位、名誉は守れたためか、泰蔵は秀作から贈られたプレゼントのセーターを着て夕食を食べた。

2話は長男・博文に災難が降りかかる模様。

もみ消して冬 1話 感想 秀作の扱いが理不尽すぎる

ドラマ「もみ消して冬」1話ですが、とにかく主人公・秀作の扱いが理不尽でしたね(笑)

三兄弟で一番できが悪いからと、父親から疎まれて、今まで父に贈ったプレゼントは封を開けてもらうこともなくバザーに出品されるなんて、悲惨すぎます。

というかあんな家庭環境で、よく東大まで行けたなと思いますね。

普通だったらグレますよ。

父親だけでなく、2人の兄と姉からも虐げられるとか精神的にやられちゃいますって。

 

それにしても、波瑠さんのキャラがいいですね。

三兄弟の中で一番際立っていたと思います(笑)

弁護士なのに、平気で弟の秀作に犯罪行為をしてこいといえることに笑いしかでません。

 

兄の博文はひょうひょうとしているせいか、1話だけだと三兄弟の中では一番パンチが弱いかなぁという印象です。

秀作は主人公ということで、出番も多いですが、下手したら知晶の存在感に食われてしまうんじゃないかなというくらい弱弱しいですね。

ハムスター的な表現を秀作にしたいのでしょうが、姉の知晶のキャラが立ちすぎていると思います。

 

知晶が主役の方がよかったんじゃないですかね、これ(笑)

三兄弟がメインなのは間違いないですから、知晶も実質主役のようなものだとは思いますが。

 

秀作は今までの人生を全て兄や姉に決められて進んできているようなので、ちょっとどころかかなり頼りないなと思います。

思いを寄せる池江里子からも男としての色気を感じないといわれても仕方ないかなと。

演じているのがベビーフェイスの山田涼介さんっていうのもあるかもしれませんが。

 

今期のドラマの中では、かなりコメディに寄せたドラマなので、週末のちょっとした笑いが欲しいときにはいいかもしれません。

人によっては秀作の理不尽すぎる扱われ方とかが受け付けないという人もいるかもしれませんが。

私としては楽しく観れたと思います。

広瀬すずさんの「anone」や石原さとみさんの「アンナチュラル」のように考えさせるドラマではないので、何も考えることなく楽しめます。

「anone」や「アンナチュラル」のようにこの次はどうなるんだろうというようなワクワク感は、今のところないですけどね(笑)

もみ消して冬 1話 視聴率は?

ドラマ「もみ消して冬」1話の視聴率は……13.3%でした

二桁スタートと好発進を決め込んでいますね!

まさか注目の「アンナチュラル」より高いとは想像以上の結果!

山田涼介さんの変顔と波瑠さんの理不尽すぎるドS主張で更なる躍進に期待です。

スポンサードリンク

(まとめ)もみ消して冬1話ネタバレ感想・視聴率は?秀作の扱いが理不尽すぎる?

主役なのにその存在を姉の知晶に食われてしまいそうな秀作の扱いが理不尽すぎる1話でしたね(笑)

知晶がキレて、まくしたてるシーンは一番笑いました(笑)

弁護士なのに、まったく筋の通らない理論展開にはツッコミしかありません。

ミステリードラマのようなワクワク感はありませんが、コメディドラマとして何も考えることなく楽しめるのはいいですね。

以上「もみ消して冬1話ネタバレ感想・視聴率は?秀作の扱いが理不尽すぎる?」についてでした。

 

ドラマ「もみ消して冬」関連記事:

もみ消して冬で波瑠が知晶役でドSな弁護士に。役柄・経歴・演技力は?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください