anone(ドラマ)辻沢ハリカ役で広瀬すずが10代最後の主演を飾る。役柄・経歴・演技力は?

anone(ドラマ)辻沢ハリカ役で広瀬すずが10代最後の主演を飾る。役柄・経歴・演技力は?

2018年1月スタートの水曜ドラマ「anone」

女優・広瀬すずさんが辻沢ハリカ役で出演。

役作りのために髪をバッサリと切った広瀬すずさん。

広瀬すずさんの経歴や10代最後の主演作品となるドラマでの役柄などについてお伝えします。

スポンサードリンク

ドラマ「anone」辻沢ハリカ役の広瀬すずとは?経歴・出演作

広瀬すずのプロフィール

名前:広瀬すず

生年月日:1998年6月19日(19歳)

身長:159㎝

血液型:AB型

所属事務所:フォスタープラス

広瀬すずの経歴

雑誌「Seventeen」で姉・アリスが専属モデルをつとめていて、そのイベントに母親と来場した際に、フォスタープラスの社長が声をかけたことがきっかけで芸能界入り。

元々はお姉さんの広瀬アリスさんがきっかけだというのに、今や妹の広瀬すずさんの方が圧倒的に認知されていますよね。

人生どこでどうなるか、本当に誰にもわかりませんね。

 

2012年8月の「Seventeen」の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン2012」のグランプリに選ばれ「Seventeen」の専属モデルとして芸能界デビュー。

ファッションモデルとして活動し、12月には「進研ゼミ高校講座」のCMに起用される。

 

広瀬すずの活躍①(2013年頃)

翌年、2013年4月には元SMAPの香取慎吾さん主演ドラマ「幽かな彼女」で柚木明日香役でドラマ初出演し、女優デビューを飾ります。

香取慎吾さんは教師役、広瀬すずさんは生徒役でしたね。

確か香取さんは、2015年の「ビストロスマップ」で広瀬すずさんがゲストで来た際に、このドラマのリハーサルで広瀬すずさんと向き合ったときに何とも言えないオーラ、迫力を感じ、ぞわっとして怖くなったと大絶賛していました。(スマステで共演されたときも、同じ話をされていたようです)

そのリハーサルが終わった直後に、番組プロデューサーに「あの子はなんなんだ!?」と聞きに言ったことで、ドラマ初出演の広瀬すずさんが、香取さんに何か迷惑をかけたのかと、プロデューサー、マネージャーは大慌てになったのだとか。

単に、広瀬すずさんの底知れぬポテンシャルを感じた香取さんが気になっただけだったのですが、いきなり大御所ともいえるSMAPの香取さんから「なんなんだ!?」と言われたら、大慌てになるのもうなずけますよね。

「幽かな彼女」以降、広瀬すずさんが一気にCMやドラマへの出演が増えたことをみた香取さんは自分が感じたものが本物だったのだと実感したそうです。

香取さんに限らずですが、ベテランの役者さんから、デビュー作でここまで大絶賛されるってなかなかないですよね。

「幽かな彼女」と同じ年の9月には映画「謝罪の王様」で映画初出演。11月にはショート・フィルムではありますが山下達郎さんの「クリスマス・イブ」で主演も演じています。

 

広瀬すずの活躍②(2015年頃)

2015年1月から放送されたドラマ「学校のカイダン」でドラマ初主演を飾り、5月には長澤まさみさん、綾瀬はるかさん、夏帆さんと4人姉妹を演じた映画「海街diary」に出演。「海街diary」での演技が高く評価された広瀬すずさんは、数多くの映画賞で新人賞を総なめに。

「海街diary」では、特に広瀬すずさんのサッカーシーンが話題にあがっていました。

華麗なフェイント、体重移動で抜き去る圧巻のドリブルテクニックを劇中で披露する広瀬すずさんに、ネット上ではサッカーをしている男の子が自分より上手いと白旗を上げるほど。

そんな広瀬すずさんですが、なんとサッカー未経験者だというのだから驚きです。

広瀬すずさんと言えば特技はバスケ。中学時代までバスケ部だったということは有名ですが、サッカー経験はまるでなし。

ただ、地元が日本のブラジルともいわれるサッカー王国・静岡県のため、お兄さんたちがサッカーをしていた関係もあり身近なものではあったとか。

サッカーが身近だったというだけで、経験ないのに、あれだけできるって天才か、役作りのために相当努力した努力家なのか、真実はどちらでしょう(笑)

 

2015年7月には劇場版アニメ「バケモノの子」で、声優にも初挑戦。

そして、この年、広瀬すずさんは「タレント別テレビCM広告主数ランキング」で首位を獲得。

 

2015年の出演していたCMの中でも話題となり注目されたのは「一平ちゃん 夜店の焼きそば マヨンナ編」ではないでしょうか。

当初放送されたCMでのセリフが、一部取り替えになったことで話題になりました。

元々のセリフがとりようによってはセクシーな意味にも聞こえるためにクレームがきて、取り替えられたのでは?と言われています。

 

元々は、広瀬すずさんが「マヨビーム、かけさせて?」と言い「ぶちゅーーー!」という声とともに可愛らしいキス顔で焼きそばにマヨネーズをかけ続け、最後にカメラに向かって「全部、出たと?」と博多弁で聞くというものでした。

それが取り替え後には、最後の「全部、出たと?」が「好きな人、おると?」に変えられたのです。

下記動画は、話題となった一平ちゃんのCMです。

最初に取り替え後の「好きな人、おると?」ver.

次に幻となった「全部、出たと?」ver.が流れるようになっています。

確かにとらえようによっては、刺激的なセリフに聞こえなくもないですが、正直、差し替え理由がクレームによるものなのだとしたら、なんでもかんでもクレームをつけすぎではないでしょうか。

昭和、平成初期あたりは、この程度のことは当たりまえどころか、もっと過激な番組、アニメが今のゴールデンタイムの時間帯にも平気で放送されていました。

抑制、規制となんでもかんでも縛り付けることは果たしていいのでしょうかとも思います。

知らない、免疫がないからこそ、間違いを犯すなんてことも起こると思うのですが…。

 

それはさておき、2015年の広瀬すずさんといえば、ある問題発言でも注目を浴びましたよね。

とんねるずの冠番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」の人気コーナー「食わず嫌い王決定戦」に出演した広瀬すずさん。

この時、広瀬すずさんは自分の性格をドライだと言った上で、ある発言をしたことで炎上騒ぎに。

MCを務める石橋貴明さんから「テレビ局で働いている照明さんなんかを見るとどう思うの?」という質問に「どうして生まれてから大人になったときに照明さんになろうと思ったんだろう?」と発言。

問題発言はそれだけでなく、続けざまに音声スタッフに対しても「なんで自分の人生を女優さんの声を録ることに懸けてるんだろう?と考えちゃう」「大人になって年齢を重ねると共に、本当に…声を録るだけでいいの?」と発言したのです。

このことは、「裏方のスタッフを軽視している」としてネットはもちろん、一部スポーツ紙でも取り上げられ大炎上し、ツイッターを介して直接広瀬すずさんにクレームをつける方もいたのだとか。

この騒ぎに対して、自身の発言が軽率だったと広瀬すずさんは謝罪をしていますが、やはり、一部では「性格が悪い」とする人が増えてしまったのは間違いないです。

 

芸能人としての影響力を考えると、確かに広瀬すずさんの発言は軽率で、問題もあるとは思います。

擁護するつもりはありませんが、正直、私はそこまで騒ぐことなのだろうかというのが正直なところ。

芸能人とはいえ、当時16歳の女の子ならこれくらいの発言は特に何も考えずにという感じではないでしょうか。

むしろ、30歳前後の中堅にもなってこのような発言をするよりはよっぽどマシだと思いますし、ニコニコ笑って、波風立たないような発言を続ける方がよほど腹黒く思えてしまいます(笑)

広瀬すずさんにとってこの騒ぎは、マイナスになったのは確かですが、これを機に、ご自身の影響力などを実感し、経験、糧にしていけばいいのではないでしょうか。

 

広瀬すずの活躍③(2016年頃)

2015年に炎上騒ぎがあった広瀬すずさんですが、その勢いは衰えるどころか、むしろ増していくように思えます。

2016年3月には映画「ちはやふる」で映画単独初主演。

人気漫画の実写映画というだけでなく「上の句」「下の句」と2本立てにしたことで注目を集めました。

「ちはやふる」の主人公で「カルタ馬鹿」「残念な美人」といわれる綾瀬千早を好演。

ひたむきにカルタに情熱を傾け、着物で真剣に取り組む表情などもよかったです。

しかし、それ以上に印象に残っているのはカルタに集中するあまり、カルタの試合が終わるとエネルギー切れで白目をむいて寝落ちする演技を披露したことですね。

2018年には「ちはやふる-結び-」として帰ってくるので、公開が楽しみです。

 

2016年は「ちはやふる」の他に「四月は君の嘘」「怒り」と2本の映画に出演。

特に「ちはやふる-上の句-」と「怒り」での演技が高く評価され、第40回日本アカデミー賞で「ちはやふる-上の句-」で優秀主演女優賞、「怒り」では優秀助演女優賞のダブル受賞。

受賞したのはそれだけでなく、その年もっとも活躍し将来の活躍が期待される俳優女優に贈られるエランドール賞新人賞も受賞。

名実共に若手女優のトップを走る存在になったのです。

 

広瀬すずの活躍④(2017年頃)

2017年は3月に「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」で主演・友永ひかり役を演じます。

広瀬すずさんのチアダンス衣装が可愛いということで、注目を集めました。

※2018年7月にはTBSにて連続ドラマ化の予定がありますが、残念ながら主演は広瀬すずさんではありません。

それどころか、映画から数年後の世界で、舞台となる高校も違うようです。(ドラマ主演は土屋太凰さん)

 

8月には、アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」で声優として初主演を務めることに。

それだけでなく劇中歌の「瑠璃色の地球(松田聖子さんのカバー曲)」でCDデビューも果たします。

 

その他に、2017年は「三度目の殺人」「先生!、、、好きになってもいいですか?」と2本の映画に出演。

「三度目の殺人」は第74回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、広瀬すずさんは公式上映にも出席。

 

この年は、ドラマへの出演こそなかったものの、CMへの出演が多く、メディアへの露出は凄まじいものでした。

というのも2017年の広瀬すずさんは「タレントCM起用社数ランキング」では、上半期起用社数で、男女合わせて単独首位!

それだけでなく年間CM起用社数も1位になっていたのです。

若手女優のトップのみならず、CM女王にもなっていたわけですね。

下手にドラマにでるよりよっぽど目にする機会が多い年となっていたのではないでしょうか。

 

広瀬すずの活躍⑤(2018年頃~)

そして、2018年。

10代最後の主演作品「anone」で、約3年ぶりの連続ドラマ主演をつとめます。

 

その他、既に広瀬すずさんは「ラプラスの魔女」「SUNNY 強い気持ち・強い哀」と2本の映画への出演が決まっており、2018年に入っても勢いは衰えることはなさそうです。

それどころか、2019年にはNHKの連続テレビ小説「夏空」への主演が決まっており、更なる躍進が期待されます。

 

広瀬すずの出演作

映画

2013年「謝罪の王様」

2014年「放課後たち ロリータなんて」「クローズEXPLODE」

2015年「海街diary」

2016年「ちはやふる 上の句/下の句」「四月は君の嘘」「怒り」

2017年「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」「三度目の殺人」「先生!、、、好きになってもいいですか?」

2018年「ちはやふる-結び-」「ラプラスの魔女」「SUNNY 強い気持ち・強い愛」

ドラマ

2013年「幽かな彼女」「TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~」「激流~私を覚えていますか?~」

2014年「ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~」「おやじの背中」「東京オリンピックを呼んだ男」

2015年「学校のカイダン」

2016年「怪盗 山猫」

2018年「anone」

2019年「連続テレビ小説 夏空-なつぞら-」

ドラマ「anone」広瀬すずが辻沢ハリカ役で10代最後の主演を飾る。その役柄は?

ドラマ「anone」で広瀬すずさんが演じるのは、ネットカフェで暮らす少女・辻沢ハリカ。

通称”ハズレ”といわれるハリカは、清掃のアルバイトをしながら、ネットカフェで同年代の美空、有紗と寝泊りを繰り返す。

 

現時点では、詳細な役柄は判明しておらず、ハリカは過去に何かしらの出来事があり全てを失ったと推測されます。

ある事件がきっかけで、ハリカは老齢の女性・亜乃音と出会うのですが、それはハリカにとって、もしかすると亜乃音にとっても運命といえる出会いなのかもしれません。

ハリカを含めて物語の主要人物は「柘-つげ-」という町に集まっていくようです。

柘はハリカにとっては、祖母と暮らしていた幸せな記憶のある町ですが、その記憶がどのように関わってくるのか。

ハリカの過去に何があって、なぜ、今ネットカフェで寝泊りを繰り返しているのか?

ドラマに注目です。

ドラマ「anone」辻沢ハリカを演じる広瀬すずの演技力は?

広瀬すずさんの演技力ですが、デビュー作で香取慎吾さんも絶賛するほどのポテンシャルを秘め、既に日本アカデミー賞で優秀主演女優賞、優秀助演女優賞を受賞しただけでなく、エランドール賞新人賞も受賞している女優です。

天真爛漫で年相応な演技はもちろん、「ちはやふる」でみせた白目をむくといった体当たり的な演技までこなせる広瀬すずさんの演技力は誰もが認めるところではないでしょうか。

個人的には「怪盗 山猫」の第1話で見せた山猫に対し、感情を爆発させた演技や「ちはやふる」で白目をむく演技などは印象的です。

スポンサードリンク

(まとめ)「anone(ドラマ)辻沢ハリカ役で広瀬すずが10代最後の主演を飾る。役柄・経歴・演技力は?」

広瀬すずさん10代最後の主演作品となるドラマ「anone」

今までにはないくらいに髪をバッサリと切った姿には驚きましたが、正直、女の子というより、どことなく少年っていう感じがしますよね。

10代最後の主演であり、約3年ぶりの主演作であり、約1年ぶりのドラマ出演で、広瀬すずさんがどのような演技を披露してくれるのか楽しみです。

以上「anone(ドラマ)辻沢ハリカ役で広瀬すずが10代最後の主演を飾る。役柄・経歴・演技力は?」についてでした。

 

ドラマ「anone」その他の登場人物について:

anone 中世古理市役の瑛太の正体と目的は?

anone カノンさん役の清水尋也とは誰?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください