トドメの接吻(キス)堂島旺太郎役で山崎賢人がクズなホストに初挑戦。役柄・経歴・演技力は?

トドメの接吻(キス)堂島旺太郎役で山崎賢人がクズなホストを演じる。役柄・経歴・演技力は?

2018年1月クールのドラマ「トドメの接吻」

堂島旺太郎役で山崎賢人さんが出演。

山崎賢人さんの経歴、ドラマでの役柄、演技力についてお届けします!

スポンサードリンク

トドメの接吻 堂島旺太郎役の山崎賢人とは?経歴・出演作

山崎賢人のプロフィール

名前:山崎賢人(やまざき けんと)

生年月日:1994年9月7日

出身地:東京都板橋区

身長:178㎝

血液型:A型

活動期間:2009年~

所属事務所:スターダストプロモーション芸能6部

山崎賢人の経歴

中学生の頃にスカウトされたことがきっかけで芸能界入り。当初は雑誌「ピチレモン」でモデルとして活動しており、雑誌の企画で行われた女装企画で、投票結果1位を獲得。

女装男子として1位獲得というのはイケメンだからなせるわざですね。

 

俳優としてデビューしたのは、2010年に放送されたドラマ「熱海の捜査官」。

永遠の森学園に通う数少ない男子生徒・四万十新也(しじま しんや)役として出演。市長とその愛人の息子という役柄で、父親から物理的にも、精神的にも一身に愛情を受ける腹違いの妹に対し嫉妬や複雑な感情を持つという闇を抱えた美少年役でした。

 

初主演は2013年のBSジャパンで放送された「佐藤家の朝食、鈴木家の夕食」。

その後もNHKの連続テレビ小説「まれ」「デスノート」と話題作に出演したものの、あまり注目されることはなく、2016年放送の月9ドラマ「好きな人がいること」では主演の桐谷美鈴さんの相手役・夏向を演じましたがドラマは平均視聴率8%台という低視聴率に終わります。

ドラマでの注目はあまりないものの、映画では2015年度の「orange-オレンジ」「ヒロイン失格」での演技が評価され第38回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞。その影響もあり、2016年に3本、2017年にはなんと5本もの映画作品に出演。

映画は主にマンガ作品を実写化したものへの出演が多く、ドラマ「トドメの接吻」で共演する菅田将暉さんと並び「実写やりすぎ俳優」として認知されています。

 

ドラマ「トドメの接吻」の前クールに放送された池井戸潤先生の小説を原作とした日曜劇場「陸王」に主人公・宮沢紘一の息子・大地役として出演し、就活がうまくいかない苦悩、葛藤、何事にもネガティブで自信もやる気もなかった大地が家業の仕事に責任と自覚を持って取り組むことで成長していく様を見事に表現したことで話題になりました。

「陸王」での演技は本当に胸を打たれました。父親の宮沢社長との衝突、人生の先輩であり、ある意味、大地にとって師匠ともいえる飯山との奮闘の日々。

何度も壁にぶち当たり、その度に挫折しそうになり、悩み、それでも歯を食いしばっていく姿は素晴らしいです。

ドラマ「陸王」をまだ見たことがないという方は是非みてみてください!

宮沢社長演じる役所宏司さんたちベテラン俳優の演技はもちろん、山崎賢人さん、竹内涼真さん若手俳優の葛藤、ひたむきさに心打たれること請け合いです!

 

山崎賢人の出演作

ドラマ

2010年「熱海の捜査官」「クローンベイビー」

2011年「ランナウェイ~愛する君のために」

2012年「黒の女教師」「カウンターのふたり」

2013年「佐藤家の朝食、鈴木家の夕食」「35歳の高校生」

2014年「チーム・バチスタ4 螺細迷宮」「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」「水球ヤンキース」

2015年「連続テレビ小説 まれ」「永遠のぼくら sea side blue」「デスノート」

2016年「好きな人がいること」

2017年「陸王」

2018年「トドメの接吻」

映画

2011年「管制塔」

2012年「麒麟の翼~劇場版・新参者~」「リアル鬼ごっこ3」「Another」「今日、恋をはじめます」

2013年「ジンクス!!!」

2014年「L・DK」

2015年「ヒロイン失格」「orange-オレンジ-」

2016年「オオカミ少女と黒王子」「四月は君の嘘」「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」

2017年「一週間フレンズ。」「ポエトリーエンジェル」「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」「斉木楠雄のΨ難」「氷菓」

2018年「羊と鋼の森」(2018年公開予定)

トドメの接吻 山崎賢人が演じる堂島旺太郎の役柄はクズなホスト?

山崎賢人さんがドラマ「トドメの接吻」で演じるのは主人公・堂島旺太郎です。

旺太郎はホストクラブ「ナルキッソス」のナンバーワンホスト。

12年前に起こったある事件を機に人を愛さなくなり、金と権力に固執する男です。

金と権力のために、女性を手玉にとり、金がなくなればあっさりと切り捨てる冷酷さがあり、ある意味、ホストのイメージそのものといった男。

「100億の女」と旺太郎たちが称するホテル王の令嬢・美尊が「ナルキッソス」にやってきたことで、彼女に狙いを絞り近づくのですが、正体不明の謎の女(通称:キス女)が現れ、キスをされたかと思えば、旺太郎は命を落としてしまいます。

キス女によって唇だけでなく命も奪われてしまった旺太郎ですが、次の瞬間には、7日前にタイムスリップ。

わけもわからない不思議な体験をしたにも関わらず、生きている上に、時間が戻っているならと旺太郎は再び美尊を落とすために動きますが、再びキス女が。

美尊に近づくことをなぜか邪魔するキス女。

美尊に近づけばキス女に遭遇する可能性が高まるにも関わらず、金と権力を欲するために動く旺太郎はまさに金の亡者といえます。

旺太郎はキス女から逃れ、美尊を落とすことができるのか?

キス女以外にも旺太郎にはライバルとなる存在も立ちはだかり、前途多難。

謎のミュージシャン・春海や後輩ホスト・和馬の力を借りて、旺太郎はどのように動くのか、注目です。

 

これまで爽やかな役柄が多かった山崎賢人さんですが、ドラマ「トドメの接吻」では真逆な役柄。

金と権力を欲し、そのために女性を手玉にとり、金がなくなれば、はい、さようならというクズなホストです。

今までやってきた役柄とは全然違うので、どのように表現するのか、注目ですね。

 

「トドメの接吻」1話でわかった旺太郎の役柄・人物像

旺太郎は12年前に父親が艦長を務める豪華客船に弟の光太と共に忍びこみ、その時に、弟・光太と生き別れとなる。

自分が光太を強引に連れて行ったことが原因だと責任を感じ続けている。

ホストをしているのは、艦長である父親に課せられた賠償金の支払いのため(?)

そのため、ナンバーワンホストで、かなりのお金を稼いでいるにも関わらず、寝床にしているのはボロボロの雑居ビルの1室。

金と権力への執着が凄まじく、キス女が自分の命を狙っているとわかっていながらも「100億円の女」美尊を攻略するために、外を出歩きまくる。

美尊攻略のために、あるとあらゆる手段を使い、かなりゲスな方法をとることも。1話では、金に困っているお客の元キャバクラ嬢のエステティシャンに、売掛金として回収したお金を返す代わりに、美尊の見合い相手にハニートラップを仕掛けるように仕向けた。

 

トドメの接吻 堂島旺太郎役の山崎賢人の演技力は?

山崎賢人さんの演技力ですが、正直、これまではあまり印象に残らなかったです。

「好きな人がいること」でも、あまり印象に残りませんでしたし、正直「うーん」というのが本音でした。

けれど、日曜劇場「陸王」で演じた大地役には、本当に胸を打たれ、今まで感じていたものは取り払われました。

最初はやる気のない就活生で、父親にもやる気、責任感がないとむちゃくちゃを言われ、そのたびにヤケ酒を煽るというどうしようもない息子から、飯山と出会い、「陸王」開発チームの一員になって苦難を乗り越え、成長する様。クールでどこか冷めていたのに、成功したときに見せた嬉しそうな表情など、一瞬、一瞬でみせる表情がすごく印象的でした。

今回の「トドメの接吻」では、これまでと全く違った役柄なだけに、うまくこなすことは難しいかもしれません。

ですが、その中で山崎賢人さんがどのように表現していくのか、楽しみです。

この主演ドラマをうまく飾ることができれば、山崎賢人さんはこれまで以上にブレイクしていく予感がします。

 

トドメの接吻 1話での演技

正直なところ、山崎賢人さんにはホスト役が合ってないような…。

「陸王」でいい演技をしていた分、ハードルが高くなっているのかもしれませんが、やはり今までやってこなかった役柄だけに、上手く表現できていないように思えました。

まだ1話ですし、終盤に行くにつれて演技も洗練されてくる可能性はなくはないですが、1話を見た限りではちょっとなーという感じです。

女性の視聴者にとって目の保養という意味ではいいと思いますよ(笑)

ホストという刺激的な役、攻めた服装で、毎回甘い言葉囁いて、毎回キスしてって、でもそれと演技は別ですよね。

 

スポンサードリンク

(まとめ)トドメの接吻(キス)堂島旺太郎役で山崎賢人がクズなホストに初挑戦。役柄・経歴・演技力は?

ドラマ「トドメの接吻」で主人公・堂島旺太郎を演じる山崎賢人さんについてお伝えしました。

金と権力に目がくらむホストという今までにしたことのない役柄をどのように演じるのか、楽しみです。

また旺太郎が人を愛さなくなった理由とはなんなのかも気になりますね。

以上「トドメの接吻(キス)堂島旺太郎で山崎賢人がクズなホストに初挑戦。役柄・経歴・演技力は?」についてでした。

 

ドラマ「トドメの接吻」の関連記事はコチラ:

トドメの接吻 キス女役の門脇麦の正体は?役柄・経歴・演技の評価は?

トドメの接吻(キス)菅田将暉が春海一徳役でストリートミュージシャンに。役柄・経歴・演技力は?

トドメの接吻(キス)小山内和馬役でイケメン後輩ホストを演じる志尊淳とは?役柄・経歴・演技力は?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください