トドメの接吻(キス)小山内和馬役でイケメン後輩ホストを演じる志尊淳とは?役柄・経歴・演技力は?

トドメの接吻(キス)小山内和馬役でイケメン後輩ホストを演じる志尊淳とは?役柄・経歴・演技力は?

2018年1月7日放送開始のドラマ「トドメの接吻」

小山内和馬役で志尊淳さんが出演します。

志尊淳さんの経歴、ドラマでの役柄、演技力についてお伝えします。

スポンサードリンク

トドメの接吻(キス)小山内和馬役の志尊淳とは?経歴・出演作

志尊淳のプロフィール

名前:志尊淳(しそん じゅん)

生年月日:1995年3月5日(22歳)

出身地:東京都

身長:178㎝

血液型:A型

活動期間:2011年~

所属事務所:ワタナベエンターテイメント

名前に使われている漢字のイメージから、志尊淳さんは韓国の方とのハーフではないかと言われていましたが、生粋の日本人で、お名前も本名のようです。そもそも、なぜそのような噂が広がったかというと、単純に名前から感じれるインスピレーションのようなものもありますが、志尊淳さん自身が韓国語を話すことができるといったことが原因のようです。

あまり「志尊」という名字は聞き慣れませんし、その上、韓国語を話せるときたら「韓国の方とのハーフ?」と思われても仕方ないのかもしれませんね。撮影用のメイクのせいかもしれませんが、顔立ちもどことなく日本人っぽくないというのも噂の元になっていると思われます。

志尊淳の経歴

2011年7月に芸能界入り。芸能界入りしたきっかけはスカウトでしたが、当初は自分にとって芸能界は遠い世界と思っていたようです。

次第に自信がつき、やってみようと思い芸能界に足を踏み入れました。

事務所に所属した年に、ミュージカル「テニスの王子様 2nd season」で氷帝学園の日向岳人役でデビュー。


2014年、若手俳優の登竜門ともいえるスーパー戦隊シリーズに出演。特撮ドラマ「列車戦隊トッキュウジャー」で主演のライト/トッキュウ1号を演じ、知名度を高めます。

「トッキュウジャー」への出演は、映像作品への経験がほとんどないまま、作品の看板として全国に名前が届くことに不安やプレッシャーを感じてはいたものの、1年という長期間の撮影に関わったことで、芝居の技術や主演としての責任感の持ち方、現場の雰囲気作りなど多くを学ぶことができただけでなく、ご自身の芸能生活を送る上での転機になったと言われています。

実際に、その後の志尊淳さんの勢いは止まらず、立て続けにドラマへの出演が重なるのです。

 

「トッキュウジャー」終了後の2015年には、生徒役のオーディションで見事に勝ち取り「表参道高校合唱部!」に出演。

人気アニメを実写化したことで注目となったスペシャルドラマ「あの日見た花の名前は僕達はまだ知らない」では、ゆきあつ(松雪集)役を好演。

2015年10月から放送された石原さとみさん主演の月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん」では、山下智久さん演じる星川高峰の弟・天音役で出演。「どんな役でもやる!」という本人のやる気と意気込みから、坊主という役柄のために、髪を丸刈りにした姿を披露。

高峰役の山下智久さんは、全くもって坊主っぽくない出で立ちだったのに、志尊淳さんの役に対する男気を感じますね(笑)

後述しますが、この志尊淳さんの「どんな役でもやる!」という熱意2018年の主演ドラマに繋がったのでは?と思ってしまいます。

2015年12月に日本テレビで放送されたスペシャルドラマ「ダマシバナシ」では主演を務める。

 

2016年に入ってからもドラマへの出演、勢いは衰えることはありませんでしたが、2017年に入ってからその勢いは更に増していきます。

2017年2月放送の連続ドラマ「きみはペット(2017)」では主演・合田武志役をつとめます。「きみはペット」といえば2003年に嵐の松本潤さんが志尊淳さんの演じた合田武志を演じていましたね。

ドラマで主演を務めただけでなく、2017年は「サバイバルファミリー」「帝一の國」「覆面系ノイズ」「探偵はBARにいる3」と4本の映画にも出演し、多忙を極めています。

 

そして、2018年。

ドラマ「トドメの接吻」で、イケメンホスト小山内和馬として出演だけでなく、2018年1月5日からNHKで放送開始のドラマ「女子的生活」では主演・小川みき役をつとめます。

なんと「女子的生活」の主人公・小川みきは性別は男性ですが、見た目は女性のトランスジェンダー。この難役をどのようにこなすのか注目されます。

志尊淳さんのビジュアルがあって成立する役だとは思いますが、この役に決まったのは志尊淳さんの「どんな役でもやる!」という仕事に対する熱意や意欲が買われた部分もあるのではないかと思います。

志尊淳の出演作

映画

2012年「テニミュ映画祭」「携帯彼女+」

2013年「テニミュ映画祭」

2014年「獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ恐竜大決戦!!さらば永遠の友よ」「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦featスーパー戦隊」「列車戦隊トッキュウジャーMOVIE ギャラクシーラインSOS」

2015年「列車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャーTHE MOVIE」「先輩と彼女」

2016年「手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド」「全員、片想い」「疾風ロンド」

2017年「サバイバルファミリー」「帝一の國」「覆面系ノイズ」「探偵はBARにいる3」

 

ドラマ

2012年「D×TOWN 第3弾 ボクらが恋愛できない理由」「青空の卵」

2014年「D-BOYS ショートフィルムフェスティバル 10分な学級会」「列車戦隊トッキュウジャー」「列車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武 春休み合体スペシャル」

2015年「表参道高校合唱部!」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「5→9~私に恋したお坊さん~」「ダマシバナシ」

2016年「そして、誰もいなくなった」「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016 誘う沼」「プリンセスメゾン」「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」

2017年「きみはペット」「下北沢ダイハード」「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017 コール」「植木等とのぼせもん」「世にも奇妙な物語2017年 深夜の特別編 SON-TAKU」

2018年「女子的生活」「トドメの接吻」

トドメの接吻(キス)志尊淳が演じる小山内和馬の役柄は?イケメン後輩ホスト?

志尊淳さんが演じる小山内和馬(おさない かずま)は、ホストクラブ「ナルキッソス」にやってきたイケメンホスト。源氏名(お店で使うホストとしての名前)はカズマ。

山崎賢人さんが演じる主人公・旺太郎とは「ナルキッソス」以前も同じお店で働いてたこともあり、旺太郎を慕う後輩ホスト。

単なる後輩ホストという位置づけではなく、キス女のキスで殺されタイムリープを繰り返す旺太郎に理解を示す良き理解者で、協力者。

旺太郎を守るために、旺太郎と共にキス女の謎を解き明かそうとします。

トドメの接吻(キス)小山内和馬役の志尊淳の演技力の評価は?

志尊淳さんは、まだまだ若手俳優ですが「5→9~私に恋したお坊さん~」で演じた星川天音役での印象が私は一番強いですね。

志尊淳さんが出演されているドラマは他にもいくつか見ているはずなのですが、どのドラマも印象に残っていなかったのですが、「5→9」の天音役だけは印象に残っています。

天音は、山下智久さん演じる高峰の弟ですが、潤子(石原さとみ)と高峰の仲をよく思わない高峰の祖母・ひばりが送り込んだ刺客。

修行のために幼少期にひとり京都へ送り込まれた天音は、大好きだった高峰に助けを求めましたが、それを一蹴され、逆恨みにも似た感情を抱き続けており「高峰の大切なものを全て壊す」ことを目的として、潤子との仲を引き裂くために、あらゆる策を講じるという役柄。

兄に対する好意と憎しみが入り混じり、多感な幼少期に親元から離れた寂しさと、複雑に歪んだ感情、人間形成がされた天音という役を見事に表現できていたと思います。

今回「トドメの接吻」で挑戦する小山内和馬の職業はホスト。志尊淳さんはホスト役は初挑戦ということで、どのような演技をみせてくれるのか楽しみですね。

ネット上では…

 


演技については、非常に好評で、経験を積むごとにどんどん良くなっている若手俳優といえるでしょう。

「トッキュウジャー」以降もドラマ、映画への出演の勢いが衰えないということは、業界の方からも評価されているという証拠だと思います。

「トドメの接吻」「女子的生活」と2018年1月クールは2本同時進行ですが、ここで評価をさらに上げることができれば、この先数年は多忙な日々を送る売れっ子俳優になるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

(まとめ)トドメの接吻(キス)小山内和馬役でイケメン後輩ホストを演じる志尊淳とは?役柄・経歴・演技力は?

ドラマ「トドメの接吻」で小山内和馬を演じる志尊淳さんについてお伝えしました。

若手俳優の有望株といっても差支えのない実力、人気の俳優さんだと思います。

ドラマでどのように活躍するのか楽しみですね。

以上「トドメの接吻(キス)小山内和馬役でイケメン後輩ホストを演じる志尊淳とは?役柄・経歴・演技力は?」についてでした。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。