トドメの接吻 キス女役の門脇麦の正体は?役柄・経歴・演技の評価は?

トドメの接吻 キス女役の門脇麦の正体はなに?役柄・経歴・演技の評価は?

2018年1月7日放送開始のドラマ「トドメの接吻」。

キスで人を殺す謎の女役で門脇麦さんが出演。

門脇麦さんの経歴、ドラマでの役柄、演技の評価などをお伝えします。

スポンサードリンク

トドメの接吻 キス女役の門脇麦とは?経歴・過去の出演作

門脇麦のプロフィール

名前:門脇麦

生年月日:1992年8月10日(25歳)

出身地:東京都

身長:160㎝

血液型:B型

活動期間:2011年~

所属事務所:ユマニテ

門脇麦の経歴

小さい頃からバレリーナを目指して、クラシックバレエに取り組んでいたものの中学2年生のときに、限界を感じてバレリーナになることを諦めた門脇麦さんは、バレエに代わるものはないかと模索する中で、高校生の時に、10代で活躍する宮崎あおいや蒼井優が出演する邦画作品と出会ったことがきっかけで、自分も役者として道を進もうと決意。

高校卒業後に芸能事務所入りし、2011年に香里奈さん主演ドラマ「美咲ナンバーワン」にてデビューを飾る。デビュー当初は現在の所属事務所ではなく、ブルーミングエージェンシーに所属。

 

2013年、門脇麦さんは「チョコラBB」のCMでコミカルな踊りを披露したことで注目されます。

さらに東京ガスの「ガスの仮面」CMでも12年間習い続けていたバレエを披露したことで更に注目を集め、その後、日本では初めてという写真集の映画化「スクールガール・コンプレックス」で初主演。

これまでの仕事ぶりから、俗にいう清純派、アイドル女優路線をいくものと思われていました。

 

しかし、2014年には、R18+指定映画「愛の渦」で「地味でまじめそうな容姿ながら、誰よりも性欲が強い女子大生」というヒロインをオーディションで勝ち取り、出演しただけでなく、まだ駆け出しの若手女優ながら濡れ場やフルヌードを披露するという体当たり的な演技をしたことで話題となりました。

続けざまに「闇金ウシジマくん part2」「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」での演技が評価され、新人各賞を受賞。

2015年にはNHK連続テレビ小説「まれ」に出演し、ヒロインを務めた土屋太鳳さんの友人役を演じたことで注目されます。

 

2016年には映画「二重生活」で単独初主演を飾り、大学院の哲学科に通う大学院生・珠を演じ、一人の既婚男性を尾行し、人の秘密を知っていくことに興奮を覚えるという役柄を演じる。

この映画では「トドメの接吻」に謎のストリートミュージシャン役で出演する菅田将暉さんとは恋人という設定で共演しました。

門脇麦の出演作

ドラマ

2011年「美咲ナンバーワン!!」「野田さんとメリークリスマス」

2012年「ヒトリシズカ」

2013年「第二楽章」「八重の桜」

2014年「生きたい たすけたい」「ブラック・プレジデント」「セーラー服と宇宙人」「戦う女」

2015年「翳りゆく夏」「佐知とマユ」「まれ」「探偵の探偵」「世界はひばりを待っている」

2016年「女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘」「民王スペシャル~新たなる陰謀~」「お迎えデス。」「モンタージュ 三億円事件奇譚」

2017年「リバース」「悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~」

2018年「トドメの接吻

 

映画

2012年「リアル鬼ごっこ3」

2013年「インターミッション」「カサブランカの探偵」「海辺の町で」「スクールガール・コンプレックス」

2014年「愛の渦」「闇金ウシジマくん part2」「シャンティデイズ365日、幸せな呼吸」

2015年「アゲイン 28年目の甲子園」「合葬」

2016年「太陽」「オオカミ少女と黒王子」「二重生活」「14の夜」

2017年「彼らが本気で編むときは、」「こどもつかい」「世界は今日から君のもの」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」「KOKORO」「花筐/ HANAGATAMI」

2018年「サニー/32」

トドメの接吻 門脇麦が演じるキス女の役柄、正体は?

門脇麦さんの演じるキス女は「トドメの接吻」のヒロインという位置づけ。

青白い顔に、真っ赤なルージュという容姿の不気味な女で、主人公・旺太郎の前に突然現れ、唇を奪うのです。

なぜかキス女に唇を奪われると命を落としてしまうのですが、そこからまた7日前の世界に旺太郎は戻ってくるのです。

旺太郎は、どうにかキス女の手から逃れ、金ずるとしてターゲットに定めた美尊に近づこうとするものの、予測不可能、神出鬼没なキス女は執拗に旺太郎の前に姿を現し、キスで殺します。

彼女の正体が何なのか、そして、目的はなんなのか、現時点では明らかになっていません。

トドメの接吻 キス女役の門脇麦の演技の評価は?

門脇麦さんの演技の評価ですが、メディア評論家の影山貴彦さんは「底知れぬポテンシャルを感じさせる女優」と評し、「まれ」でみせた特筆すべきことのない役にも関わらず示した存在感は、門脇麦さんだからこそっで、並の女優ではあそこまでのインパクトは残せないと絶賛しています。

しかしながら、注目を浴びる出来事はありつつも、未だにブレイクしているようには思えない門脇麦さん。これも単に「彼女のポテンシャルにあった作品に出会えていないだけ」と影山貴彦さんはコメントしています。

凄まじいくらいの大絶賛ですよね。門脇麦さんの演技、ポテンシャルを引き出せる作品がないのがいけないと言っているのですから。

若手時代に門脇麦さんのように体当たりな演技をした女優といえば「蛇にピアス」で話題になった吉高由里子さんがいらっしゃいますよね。

吉高由里子さんも「蛇にピアス」でヌードを披露しましたが、その後も確実に仕事のオファーは舞い込み、女優としてのキャリアを積み重ねています。

タイプ的には門脇麦さんも吉高由里子さんと似たようなタイプなのかもしれません。

門脇麦さんが大きなブレイクをできる作品に出会えるかはわかりませんが、仕事が途切れることなく安定的に女優としてのキャリアを積んでいくのではないでしょうか。

ネット上での、門脇麦さんの演技については…

やはり、評論家も絶賛するだけあって、門脇麦さんの演技は高いと評する意見が多かったですね。

とりわけ特筆すべき点のない役でもインパクトを残せるということは、言い換えてしまえば特徴、癖があるとも捉えれますから、人によっては受け付けない方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、人の印象に何も残らない人はどこの世界でも生き残ることはできませんから、門脇麦さんはご自身の個性を消さず、伸ばすことで芸能界で生き続けるのではないでしょうか。

今回のドラマ「トドメの接吻」では、ヒロインながら主人公を追い詰め、キスをするという設定からして癖のある役なだけに、門脇麦さんの個性とどのようにかみ合ってくるのか楽しみですね。

スポンサードリンク

(まとめ)トドメの接吻 キス女役の門脇麦の正体は?役柄・経歴・演技の評価は?

ドラマ「トドメの接吻」でキス女を演じる門脇麦さんについてお伝えしました。

放送開始前のために、門脇麦さんが演じるキス女の正体や目的などは分かっていませんが、そのあたりはドラマが進むごとに明らかになっていくでしょう。

門脇麦さんはその場に立っているだけで存在感のある女優なので、トドメの接吻でのキス女のように真っ赤なルージュを塗って、黙って迫られたら相当怖いのではないでしょうか(笑)

そういうセリフがないシーンでどのような演技をみせてくれるのか、注目です。

以上「トドメの接吻 キス女役の門脇麦の正体は?役柄・経歴・演技の評価は?」についてでした。

 

ドラマ「トドメの接吻」の関連記事はコチラ:

トドメの接吻(キス)小山内和馬役でイケメン後輩ホストを演じる志尊淳とは?役柄・経歴・演技力は?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください