仮面ライダービルド:仮面ライダーグリス猿渡一海役は武田航平。10年振りにライダー作品に登場

仮面ライダービルド:仮面ライダーグリス猿渡一海役は武田航平。10年振りにライダー作品に登場

仮面ライダービルドに新ライダー登場。

その名は仮面ライダーグリス!

猿渡一海を演じるのは武田航平さん。

あれ?武田航平さんって確か10年前に……。

スポンサードリンク

仮面ライダービルド:仮面ライダーグリス 猿渡一海を演じる武田航平とは?過去の経歴・出演作

プロフィール

名前:武田航平

生年月日:1986年1月14日(31歳)

出身地:東京都

血液型:A型

身長:175㎝

活動期間:2001年~

所属事務所:A.L.C.Atlantis

経歴

音楽が好きでバンドなどをしたいという理由で、2001年に芸能界入り。

第14回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト中にはすでに事務所に所属(このときは、有限会社サーカス)しており、音楽劇「赤毛のアン」に少年ギルバート役として出演するなど芸能活動を行っていた。

2006年、「ファイナルファンタジー12」の主人公ヴァン役として、声優兼モーションキャプチャとして約2年ほど収録に携わる。

2008年、「仮面ライダーキバ」に紅音也/仮面ライダーイクサ及びダークキバ役で出演。

イクサ変身時のポーズは仮面ライダー1号のオマージュらしい。

2010年、有限会社サーカスから現所属のA.L.C.Atlantisに移籍したことを発表。

2011年、テレビ東京のドラマ24「ここが噂のエル・パラシオ」で地上波ドラマ初主演を務める。

2012年、毎日放送「戦国BASARA-MOONLIGHT PARTY-」で真田幸村役として出演し、伊達正宗役の林遣都とW主演を務めた。

2014年、NHKの大河ドラマ「「軍師官兵衛」に宇喜多秀家役で出演、大河ドラマ初出演となる。

出演作

ドラマ

2002年「塩カルビ」

2003年「LOVERS~キャメルのコートを私に」「恋する日曜日」「霊女MISAKI」

2004年「68FILMS」「弟」

2005年「階段新耳袋第4シリーズ」

2006年「7人の女弁護士」「ドラマW チルドレン」「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」

2007年「鬼嫁日記 いい湯だな」「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」

2008年「正しい王子のつくり方」「仮面ライダーキバ」「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~卒業式&7と1/2話スペシャル」

2009年「仮面ライダーディケイド」「ウェルかめ」

2011年「悪党~重犯罪捜査班」「犬を飼うということ~スカイと我が家の180日~」「ここが噂のエル・パラシオ」

2012年「理想の息子」「Wの悲劇」「戦国BASARA-MOONLIGHT PARTY-」「尋ね人」「そこをなんとか」

2013年「ヨメ代行はじめました」「みんな!エスパーだよ!」「雲の階段」「ダブルス~二人の刑事」

2014年「花咲くあした」「闇金ウシジマくん Season2」「そこをなんとか2」「軍師官兵衛」

2015年「天皇の料理番」「京都人情捜査ファイル」「ホテルコンシェルジュ」「地球防衛機構㈱」「青春探偵ハレルヤ~大人の悪を許さない!~」

2016年「刑事バレリーノ」「スミカスミレ 45歳若返った女」「HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D~Season2」「土曜ワイド劇場 人類学者・岬久美子の殺人鑑定6」「巨悪は眠らせない特捜検事の逆襲」「山女日記~女たちは頂を目指して~」「子連れ信兵衛2」

2017年「でも、結婚したいっ!~BL漫画家のこじらせ婚活記~」「ラブホの上野さん Season2」「棟居刑事シリーズ10」「仮面ライダービルド」

主役級の出演はほとんどないものの、2001年から芸能活動16年にも関わらず、めちゃくちゃ多くのドラマに出演されています。

特に「仮面ライダーキバ」での紅音也役は非常に印象的で、いい演技をされていたと思います。

 

映画

2002年「Summer Nude」

2004年「集団殺人クラブ 最後の殺戮」

2005年「天使が降りた日」「TKO HIPHOP」

2006年「ゴーヤーちゃんぷるー」

2007年「あかね空」「ワルボロ」「クローズZERO」

2008年「劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」「劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王」

2009年「ROOKIES-卒業ー」

2013年「戦国BASARA-MOONLIGHT PARTY-Remix 前篇・後篇」「ROUTE4」

2014年「学校の怪談 呪いの言霊」

2015年「みんな!エスパーだよ!」

2016年「HiGH&LOW THE MOVIE」「MOOSIC LAB 2016」

2017年「HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY」「リンキング・ラブ」「HiGH&LOW THE MOVIE3 FINAL MISSION」「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」

2018年「星くず兄弟の新たな伝説」

映画「ROOKIES-卒業-」では、丸坊主にし、武田航平さん自身は右利きながら、左投げ投手を好演したというのはあまりにも有名です。こういう地道なことをこなしていくから、武田航平さんには多くの仕事が回ってきているのでしょうね。

仮面ライダービルド:仮面ライダーグリス猿渡一海の役柄は?

仮面ライダービルドで武田航平さんが演じるのは北都政府の刺客・猿渡一海。

猿渡は、仮面ライダーグリスに変身することができる作中3人目のライダー。

ナイトローグこと氷室幻徳が、首脳会談で北都と西都を挑発したことにより、北都首脳が東都に宣戦布告。

北都の秘密兵器として猿渡は東都へ送り込まれたのです。

猿渡は、見た目こそ今風ですが、多くを語らず、本心を露わにすることのない昔ながらの日本男児。故郷、家族、仲間を愛し、全てを一人で背負い込む、そんな男。

自我や煩悩を押さえこむ姿からも決して感情的な男ではありませんが、グリスに変身したときは別で感情を剥き出しにして戦います。

それは一種の”暴走”のように見られますが、背負うものの大きさ、多さからくる感情の爆発なのです。

 

仮面ライダーキバ、紅音也時代とは正反対とはいってもいいでしょう。自分のことを「1000年に1人の天才」と称して、ひょうひょうとして、自分語りが多く、戦いも泥臭いというよりはスマートな面が多い音也に対して、猿渡は自身を多く語らず、戦いには感情を爆発させる。

同じライダーでも、真逆の猿渡をどのように武田航平さんが演じるのか注目です。

仮面ライダーグリス時の姿です。ゴールドとブラックを基調としたデザイン。

デザインをみた率直な感想「だ、ださい…」。

なんだこの火星捜索隊みたいなデザインは……そう思ってしまいました。

10年ぶりにライダー復帰する武田航平さん、今回は自身専用のベルトということですが、このデザインはあんまりじゃないか?と思ってしまいましたが、武田航平さん自身は、このデザインを気に入っているようです。

スポンサードリンク

仮面ライダービルド:仮面ライダーグリス猿渡一海を演じる武田航平の演技の評価は?

仮面ライダービルドで猿渡一海を演じる武田航平さんの演技ですが、上手いといえます。

そもそも、仮面ライダーキバは10年前の作品で、当時、武田航平さんは芸能界入りして間もない新人俳優。その新人時代にあれだけ印象に残る演技をできるというのは稀ではないでしょうか。

正直なところ、キバで主役の紅渡を演じた瀬戸康史さんよりも演技力は絶対に上だと思っています。

演技力に関しては、人それぞれ違う見方をされるとは思いますが、私としては仮面ライダーキバのときに紅音也を演じた武田航平さんの演技は非常に印象的ですし、猿渡一海としてどのような演技をみせてくれるのか非常に楽しみでもあります。

芸能界という生き残り競争の激しい業界で、あれだけの仕事が回ってくるのも武田航平さんの演技力に一定以上の評価がされているという証拠ではないでしょうか。

仮に事務所がゴリ押しをしていたとしても、芸能界入りして16年間、鳴かず飛ばずの演技しかできなければ、さすがに無理があると思います。

 


ツイッター上でも、このように武田航平さんの演技力について好評でした。

仮面ライダーキバ以前の演技について不評な意見も見られていたのですが、仮面ライダーキバ、FF12のヴァン役をしたあたりからその評価は一変したようですね。

昔と今の評価がいい方に変わってきているのは、武田航平さんの努力の賜物といえますね。

仮面ライダーグリスとして2018年からどのような演技をみせてくれるのか、注目です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください