奥様は取り扱い注意6話ネタバレ殺人事件の犯人と真相は?

奥様は取り扱い注意6話ネタバレ殺人事件の犯人と真相は?

綾瀬はるかさん主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」6話の放送が終了しました。

6話は、綾瀬はるかさん演じる菜美の住む街で殺人事件が起きます。

しかも、菜美は事件の第一発見者であり容疑者!?

犯人はいったい誰なのか?事件の真相は?

今回は「奥様は取り扱い注意6話ネタバレ殺人事件の犯人と真相は?」というテーマでお届けします。

スポンサードリンク

奥様は取り扱い注意 6話 あらすじ

菜美(綾瀬はるか)と優里(広末涼子)は、姑を見返したいという京子(本田翼)に付き合って、フラワーアレンジメント教室に通いだします。

京子が花を相手に悪戦苦闘する中、不器用ながら女性らしいセンスを魅せる菜美。

そんな中、教室で知り合った冴月(酒井美紀)から菜美は街の広報誌の取材を申し込まれるのです。

取材当日、菜美は指定の時間通りに冴月家へ。

するとそこには、冴月の友達・靖子(芦名星)と千尋(原田佳奈)が。

帰宅が遅れると冴月から連絡を受けた2人に言われるままに、菜美が冴月の家に足を踏み入れると、なんとリビングでは冴月の夫・達郎の死体が!?

現場の状況から、菜美は達郎が何者かに殺害されたことを推察。そして、自分がアリバイ作りに利用されたと直感するのです。

死体発見の翌日から”第一発見者=容疑者の一人”として捜査協力することになった菜美は、夫の勇輝(西島秀俊)と共に警察へ。

事件は開業医である達郎の資産を狙った強盗殺人に思われていましたが、冴月に愛人がいた可能性が。

マスコミは事件を痴情のもつれによる殺人だと報道するのです。

菜美は冴月意外に殺人犯がいると確信し、冴月のアリバイも成立したものの、ウワサがウワサを呼び、街には殺伐としたムードが漂い始めるのです。

大好きな街がこれ以上騒がしくなるのは我慢できない!と持ち前の観察眼で”真犯人”に目星をつけた菜美は、自らの手で事件を解決しようとしますが…。

奥様は取り扱い注意 6話 ネタバレ 事件の被害者は?

事件の被害者はあらすじにもある通り、菜美たちが通ったフラワーアレンジメント教室で知り合った吉岡冴月の夫・達郎です。

吉岡達郎を演じている俳優は竹財輝之助さんでした。

竹財輝之助のサクッとプロフィール

竹財輝之助(たけざい てるのすけ)

1980年4月7日生まれ

熊本県出身

九州ルーテル大学卒業(心理学専攻)

趣味は、バイク・読書

特技は、乗馬・料理

身長181㎝、既婚。

奥さんは女優の藤真美穂さん。

俳優、モデルとして活躍

所属はスターダストプロモーション

デビュー作:仮面ライダー剣(2004年:白井虎太郎 役)

仮面ライダーシリーズが俳優デビューとなり、それ以降、数多くのドラマ、映画に出演されています。

主演こそないものの、出演作はかなりの数で深田恭子さんとディーン藤岡さんのラブストーリー「ダメな私に恋をしてください」では、ディーン藤岡さん演じる黒沢歩の兄役として、ちょこちょこと出ていました。

ドSで、喧嘩が強くてなんでもできる黒沢主任が唯一勝てないといっていい人物でしたよね。

さて、そんな竹財輝之助さんが「奥様は、取り扱い注意」で演じた吉岡達郎とは?

奥様は取り扱い注意 殺人事件の被害者・吉岡達郎とは?

吉岡達郎(演:竹財輝之助)

「奥様は、取り扱い注意」6話にて登場する人物。

殺人事件に被害者で、何者かにより殺害されてしまう。

駅前で「歯科医院」を経営する開業医。

妻の冴月にとって自慢の夫として周囲には知られていた。

高身長で、爽やかな笑み浮かべるが、どこか様子がおかしい…。

奥様は取り扱い注意 6話 ネタバレ 殺人事件の容疑者は?

「奥様は、取り扱い注意」6話で起こった吉岡達郎の殺人事件については、4名の容疑者がいます。

容疑者1 伊佐山菜美(綾瀬はるか)

言わずと知れた本作のヒロイン。

死体発見の第一発見者になってしまったために、容疑者になってしまう。

容疑者2 吉岡冴月(酒井美紀)

吉岡達郎の妻。

夫のことを愛し、自慢であると周囲によく言っていた。

夫婦仲がいいことでも有名だが、愛人がいると噂され、痴情のもつれで夫を殺害したのでは?と容疑をかけられる。

 

吉岡冴月役の酒井美紀さんについて知りたい方はコチラ

奥様は取り扱い注意6話ゲスト吉岡冴月は酒井美紀!被害者の妻で愛人がいる?

容疑者3 藤村靖子(芦屋星)

吉岡冴月の友人。

フラワーアレンジメント教室で吉岡冴月と仲良くなったという。

菜美と共に、吉岡達郎の死体を発見。

菜美同様、第一発見者であり容疑者となる。

 

藤村靖子役の芦屋星さんについて知りたい方はコチラ

奥様は取り扱い注意6話ゲスト藤村靖子役は芦名星!事件に関与している?

容疑者4 加藤千尋(原田佳奈)

吉岡冴月の友人。

靖子同様に、フラワーアレンジメント教室で吉岡冴月と仲良くなった。

菜美、靖子と共に、吉岡達郎の死体を発見。

菜美、靖子同様、第一発見者であり容疑者となる。

 

加藤千尋役の原田佳奈さんについて知りたい方はコチラ

奥様は取り扱い注意6話ゲスト加藤千尋役の原田佳奈とは?

 

以上の4名が今回の事件の容疑者となりました。

果たしてこの中に犯人はいるのでしょうか?

そして、事件の真相は?

奥様は取り扱い注意 6話 ネタバレ ストーリー展開

ここからは、ドラマのストーリー展開を各ポイントごとにまとめていきます。

吉岡冴月、藤村靖子、加藤千尋との出会い

菜美が3人と出会うことになったきっかけは、京子(本田翼)が姑を見返したいとフラワーアレンジメント教室に菜美と優里(広末涼子)を誘ったことがきっかけです。

そこで、菜美は冴月、靖子、千尋の3人と出会います。

京子はフラワーアレンジメントの才能がない、どころか何か心の闇を抱えたような作品をつくるのですが、なんでも器用にこなす優里はもちろん、不器用な菜美もセンスある作品作りをしていきます。

そこで優里が、ある程度上達したら「発表会」をしようと提案し、冴月たち3人にも声をかけたのです。

フラワーアレンジメントが終わったあと、冴月が町内会報のためにインタビューを受けてほしいと、菜美に声をかけてきたのです。

インタビューを受けることを承諾したところ、翌日の夜7時に、冴月の自宅に来てほしいと言われた菜美。

吉岡達郎との出会い

インタビュー受ける当日、スーパーで買い物をしているところ強烈な視線を感じた菜美は、その視線を辿ります。

そこにはワインを手にした長身の男性が立っていて、菜美のことを見つめています。

視線を外し、その場から離れようとしたところ、男性の元に一人の女性が歩み寄ってきました。

その女性は冴月だったのです。

菜美と視線が合った冴月は驚いた表情をし、男性に何やら話しかけます。

男性と共に菜美のもとへやってきた冴月は、男性が自分の夫(吉岡達郎)だと菜美に紹介するのです。

吉岡達郎は、自己紹介と駅前で歯科医院をやっていることを菜美に気さくに伝えます。

そこには先ほどまで強烈な視線を浴びせていた表情はありません。

事件発生

約束の時間が近づいた菜美は、冴月の自宅へ向かいます。

冴月の自宅につくと、門の前に2人の女性が立っていました。

冴月の友人・靖子と千尋です。

2人から話を聞くと、インタビューの後、フラワーアレンジメントの勉強会をするというのです。

しかし、インターホンを鳴らしても出てこないことから、誰もいないというのです。

そんな時、靖子の携帯へ冴月から連絡が入り、渋滞につかまって遅れるので、先に入っていてほしいといわれます。

靖子は、事前に教えてもらった合鍵の隠し場所から、合鍵を見つけ出し、鍵を使うのですが、鍵がかかっていません

誰もいないのに鍵がかかっていないことで、菜美は入るのは待った方がいいというのですが、靖子たちは、普段からよく来ていて我が家のようなものだといい、中へ入ります。

3人がリビングへ移動し、明かりをつけたところ、そこには胸にナイフを突き立てられ倒れている吉岡達郎の姿があったのです。

事件の整理分析

現場検証、事情聴取から解放された菜美は、夫の勇輝、優里、京子と共に帰宅します。

京子は殺人現場に出くわした菜美に興味津々で、いろいろなことを聞いてくるのですが、菜美は冷静に状況整理をしていきます。

菜美は、着衣の乱れがなく、争った形跡もなかったため、背後から鈍器のようなもので殴られ、意識が朦朧としたところ胸を刺されたのではないかと推理。

そして、死体発見時、死体の傷口から出た血があまり広がっていないことから、殺されたのは発見の少し前ではないかと推定し、更に死体発見時、犯人は家のどこかにいたのかもしれないと言うのです。

状況整理を終えた菜美は、優里と京子に吉岡冴月と達郎について、どんな人だったかと尋ねます。

冴月も達郎も町内での評判もよく、夫婦仲もいいと思うと答える優里と京子。

優里たちから話を聞いた菜美は、日時を指定され、家を訪ねたら、死体を発見するという然が重なりすぎていることが引っかかると言います。

そして、翌日に警察にて事情聴取を受けた菜美は、刑事から「家の防犯設備を厳重にしたい」という名目で、情報を聞き出します。

刑事から、リビング同様、他の部屋も荒らされた形跡はなく、外部からの侵入の跡もなく、玄関脇に置かれた合鍵を使って侵入し犯行に及んだのではないかと言われます。

事件は町を巻き込む騒ぎに

捜査は進展することなく、時間だけが流れることに。

殺人事件の犯人がみつからないことで、マスコミはあらぬ情報を流すように。

なんと夫婦仲がいいと言われていた吉岡夫妻は、実際には仲が悪く、被害者の妻・吉岡冴月に愛人がいるという報道をしたのです。

一気に、町の視線は冴月に集まり、痴情のもつれにより事件が起こったのではないかと話題に。

事件の容疑者3人と接触

菜美は真相を確かめるべく、冴月を訪ねます。

冴月からは「夫婦仲は悪くない」「愛人もいない」「夫を愛していた」「どんな理由があろうと自分には殺せない」ということを聞きます。

話を聞き終えた菜美は、冴月の友人・靖子と千尋の連絡先を聞きだし、二人に接触。

菜美は、二人から殺害された吉岡達郎についてどれぐらい知っているのかと尋ねます。

靖子からは、ほとんど知らない、挨拶ぐらいならという話を聞き、吉岡家へはよく行っていて、我が家のようなものでは?と疑問をぶつけます。

靖子は、吉岡家を訪ねるときには、吉岡達郎はほとんどいなかったというのです。

そして、菜美は、吉岡達郎と初めて出会った時に、強烈な視線を浴びせられたことを伝えると、男性なのだから、仕方ないのでは?と靖子は言います。

菜美は、それにしては吉岡達郎の視線は少し異常に感じたと、二人はそういった感じを受けたことはないかと尋ねます。

千尋は、そんなことない、菜美の思い過ごしではないかと答え、靖子はそのことと事件を関連付けようとしているのかと突っ込んできます。

そして、靖子は、警察から捜査に支障をきたす恐れがあり、口止めされていると前置き、事件当夜、二人が家の前で冴月を待っているとき、家の窓を開け閉めする音を聞いたという。

リビングから庭に通じる窓の鍵が開いていた強盗は吉岡達郎を殺した後自分たちが訪ねてきたから何も盗らずに庭から逃げたのではなかと言います。

しかし、菜美は、実際に庭から逃げた人間がいたとして、なぜそれを強盗だと決めつけるのかと聞き返します。

何か他に目的があって、吉岡達郎を殺害した可能性があるのでは?と。

靖子は、菜美の推論を肯定した上で、強盗の犯行であれば、菜美の名誉が守られる、友人である自分たちがそう思うのは不思議なのかと言い、余計なことを言い触らしたりしないでと二人は帰っていきます。

町の騒動を止めるために

マスコミは、菜美たちの住む町で起こった派手な夫婦喧嘩と今回の殺人事件を結びつけ、町を騒ぎ立てるのです。

その様子をみていた優里、京子はあらぬ情報ばかりを流し、騒ぎ立てるマスコミに対し嫌悪感を示します。

菜美も自分の住む、大好きな町をこれ以上騒ぎ立てられるのは我慢ならないと、動き出すことを決めます。

菜美は、既に犯人の目星をつけているものの、なぜ犯行に及んだかの理由がわからない

しかし、どんな理由であれ、罪は償うべきで、何より町を騒ぎ立てたことを反省すべきだと菜美は思うのでした。

奥様は取り扱い注意 6話 ネタバレ 犯人と犯行の動機

ここからは、いよいよ今回の「吉岡達郎殺人事件」の犯人と犯行の動機を明かしていきます。

殺人事件の犯人は?

吉岡達郎を殺害し、町を騒ぎ立てた犯人は複数います。

それは、吉岡冴月、藤村靖子、加藤千尋の3人です。

実行犯藤村靖子と加藤千尋の2人。

吉岡冴月は、2人を自宅へ入れる手引きをしていました。

冴月が「夫を殺していない」という言葉は嘘ではなかったのです。

もちろん「夫を愛している」という言葉にも嘘はありません。

しかし、夫を殺されても仕方ないという理由があったのです。

菜美は3人に自首を勧めた後に、犯行の動機について尋ねます。

そして、3人にはある共通点と犯行に至る明確な動機がありました。

3人の共通点と犯行の動機

吉岡冴月、藤村靖子、加藤千尋は半年前にフラワーアレンジメント教室で知り合います。

話をするうちに、実は3人は同い年で、同じ短大を卒業していたという共通点がありました。

ある日、吉岡宅での食事会に招待された靖子と千尋。

そこで、吉岡達郎と2人は再会します

靖子と千尋の2人は学生だった15年前に吉岡達郎と出会っていました

そして、2人とも吉岡達郎に強姦され、恐怖と屈辱、トラウマを植え付けられたのです。

挙句に吉岡達郎は、靖子のことも、千尋のことも覚えていなかったのです。

2人は1日として吉岡達郎にされたことを忘れたことはなかったのに、吉岡達郎は自分たちのことを忘れ、成功者として町で暮らしていることが許せなかったと。

秘密を打ち明けてから「吉岡達郎を殺す」ことに執着するようになったのです。

冴月は食事会のとき、2人の様子がおかしいことに気づき、それから2人が自分を避けるようになったため、問い詰めたところ真実を知ったのだといいます。

最初こそ信じられず2人に怒りを覚えたものの、自分と夫しか知らないことを2人が知っていたために、2人の言っていることが本当だと認めざるを得なくなったといいます。

冴月は、自分の夫が異常で、残酷な犯罪者だと認めるのです。

自分は妻である前に女だと。

だから、女の痛みは見過ごせない。それに夫の犯行による被害者は2人だけとは思えない、もしかすると他にもこの町に被害者はいるのかもしれない、だから夫は罰せられるべきだと。

しかし、一度は真剣に愛した男だからこそ、自分は直接手を下すことはできなかったと。

菜美は、犯行の動機を3人から聞いた上で、自首するかどうかは、3人の判断に任せるというのです。

ただし、自首をしないというのであれば、この町から出て行ってほしいと。

靖子たちが、吉岡達郎が自分たちの町で生きていることを許せなかったように、罪を償わない人間がこの町にいることは自分も許せないと。

奥様は取り扱い注意 6話ネタバレ 事件のその後と…

ここでは、事件のその後と菜美が3人を話し合いの場に引き出すまでの過程、冴月と達郎しか知らないことについてまとめています。

事件のその後

冴月、靖子、千尋の3人に自首の判断を任せた菜美。

結果的に、3人は自首をしませんでした。

そして、菜美が言った通り、3人は町を去って行ったのです。

こうして事件は未解決のまま、時間の流れと共に忘れ去られていくようになります。

菜美が3人を話し合いの場に引き出すまで

町の騒ぎを止めるために、動き出す菜美。

冴月、靖子、千尋を話し合いの場に引き出すために菜美は、加藤千尋の家を訪れます

しかし、直接的に千尋と話をするのではありません。

まだ外は明るい時間帯、千尋が自宅にいると、何かが割れたような音がします。

何事かと思ってみてみると、バルコニーに硬式の野球ボールが転がっており、窓にはひびが入っています。

ボールを投げ、窓を割ったのはもちろん菜美です。

千尋はボールの持ち主が近くにいるのではと、ボールを持って家の外へ出ます。

その間に、菜美は千尋の家へ侵入し、千尋のフラワーバッグを盗み出します

実は、このフラワーバッグには犯行に使われたハンマーに付着した吉岡達郎の血液、DNAが付着していたのです。

実際に、菜美が3人を話し合いの場に引き出すやりとりはありませんが、盗み出した後に、3人は菜美の家を訪ねてきます。

こうして菜美は3人との話し合いの場を設け、自主の勧告と事件の真相を聞き出したのでした。

冴月と達郎しか知らないこととは?

吉岡冴月が、靖子と千尋の犯行に協力する決定打となったのは「自分と夫しか知らないはずのこと」2人が知っていたからでした。

その決定打になったことというのは、吉岡達郎が冴月を初めて抱いたとき「一生忘れられない思い出にしてあげるね」と言われた言葉です。

そのことを、靖子も千尋も知っていた……というより吉岡達郎に言われたのでしょう。

強姦されながら。

奥様は取り扱い注意 6話 ネタバレ 感想

開業医で成功者でありながら、強姦魔という犯罪者であった吉岡達郎。

今回のエピソードもなかなかに吐き気がするような展開でした。

第1話で、DV夫が、妻のお腹を思いっきり殴る、刺すというのもかなり腹立たしかったですが、今回もかなり気分が悪くなる展開です。

自分の欲望を満たすために、動物的な行動に走り、のうのうと生きている……実際に、こういう人って多いのではないかと思います。

 

作中で、靖子が告訴も考えたが、恥ずかしい、屈辱といっていたのも頷けます。

実際に告訴をすると、その状況を詳しく警察などに話をしなければなりません。

どういった状況で、どういったことをされたのか。

ただでさえ恐怖を植え付けられているのに、再び他人にそのおぞましい出来事を説明するなんて、中々できることではないです。

 

女性を力づくで服従させようとする男性の考えはわかりませんし、それはもはや人間ではなく単なる「動物」なのではないかと思います。

逆に「女性」という立場を利用して、痴漢をでっち上げたりするような女性も同じぐらい許せません。

強姦も痴漢冤罪も、人の人生に大きな傷をつけてしまう行為だと思います。

 

脚本の金城先生はどちらの目線でこのストーリーを考えたのでしょうか。

女性を力で屈服させるのは許せないという目線なのか、それともそういう願望があるという目線なのか。

漫画、小説、映画など様々な創作物には作者の想いや意図が込められています。

例えば成年誌やAVなどは、現実にはありえない男性の欲が表現されていますよね。

逆に少女漫画なども、女性の妄想や理想といったものが反映されています。

そういう視点でみると「奥様は、取り扱い注意」は金城先生のどういう思いが反映された作品なのか気になりました。

 

そして、菜美についてちょっとだけ物申したい(笑)

菜美はどんな理由があれ(人を殺した)罪を償わなければいけないと作中で言っています。

また罪を償わない人間がこの町にいるのは許せないとも言っていますよね。

ですが、菜美は、事件解決のために器物損壊(故意にボールで他人の家の窓を割る)、住居不法侵入、窃盗という罪を犯しています。

ドラマに何を突っ込んでいるんだ、お前はと言われそうですが、菜美の行動と信条には思いっきり矛盾が生じているような気がするのは私だけなのでしょうか。

スポンサードリンク

(まとめ)奥様は取り扱い注意6話ネタバレ殺人事件の犯人と真相は?

吉岡達郎殺害事件の犯人冴月、靖子、千尋の3人。

実行犯靖子と千尋冴月はその手引きをしていた。

・冴月、靖子、千尋は同い年で、同じ短大を卒業していたという共通点がある。

靖子、千尋吉岡達郎に学生時代、強姦された過去があった。

・強姦をした吉岡達郎は、靖子、千尋のことは一切覚えていなかった。

・靖子、千尋の思いをしった冴月は夫が殺されても仕方ないと犯行に協力

・冴月が協力したのは、妻である前に、女であり、女の痛みがわかるからだと。

・菜美は3人の話を聞いた上で、自主を勧告していたが、判断は3人に委ねるという。

・ただし、自主をしない場合は、町から出ていくようにという条件をつけて。

・結果、3人は自首をせずに、町から姿を消し、事件は未解決のまま幕を閉じた。

 

ほんと、今回は個人的には1話以来なかなかに吐き気のするエピソードだと思います。

綾瀬はるかさんのアクションがなかったのは残念ですが、いろいろと考えさせられましたね。

菜美の矛盾した行動には突っ込みどころ満載ですが、それもドラマ故ですね(笑)

 

以上「奥様は取り扱い注意6話ネタバレ殺人事件の犯人と真相は?」についてでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。