奥様は取り扱い注意6話ゲスト加藤千尋役の原田佳奈とは?

奥様は取り扱い注意6話ゲスト加藤千尋役の原田佳奈とは?

綾瀬はるかのアクションがすごいと話題になっているドラマ「奥様は、取り扱い注意」

6話と中盤に差し掛かったのですが、とうとう殺人事件が起こってしまいます!

なんと第一発見者&容疑者のひとりとして、綾瀬はるかさん演じる菜美が!?

そんな6話に登場するゲスト原田佳奈さん演じる加藤千尋とは?

今回は「奥様は取り扱い注意6話ゲスト加藤千尋役の原田佳奈とは?

というテーマでお届けします。

スポンサードリンク

奥様は、取り扱い注意 6話ゲスト 加藤千尋を演じる原田佳奈とは?


「奥様は、取り扱い注意」6話でゲスト出演する原田佳奈さんは、1981年12月11日生まれの35歳です。

え!?35歳!?って思ったのは私だけでしょうか。

もうちょっと若いのかと思いました(女優おそるべし…)

目元がパッチリとしていて、知的な印象です。

系統としては、木村文乃さんのようなタイプかなと思いますね。

 

出身は、福岡県。血液型はA型。

愛称は、ハラカナ。

趣味は、フラメンコとベビーマッサージ。

特技は、着付け、英会話。

所属は、ジェイエフシーティー

現代で、着付けができる女性というのはなかなかいませんから、素敵です。

 

地元の福岡県から大学進学する際に上京した原田佳奈さんは、東京女子大学に通いながら俳優養成所「アフターズクリニック」にも通います。

そして「アフターズクリニック」卒業後の2002年、ドラマ「京都鴨川東署迷宮課おみやさん」で女優としてデビューしています。

 

2013年「住友生命保険」のコマーシャルで嵐の相葉雅紀さんと共演したことで話題になり注目されました。(主にジャニーズファンから?)

原田佳奈さんは、そのコマーシャルで、保険会社の清楚な美人という印象の役柄なのですが、おでこから青い光線を出すと言うインパクトのある演技を披露(笑)

相葉雅紀さんとのほのぼのするやりとりも可愛く、かなり好感度の高いコマーシャルとなっているようです。

 

同年、パナソニックのエコナビエアコン「イマドキのエアコン」編では、なんと「奥様は、取り扱い注意」に出演されている西島秀俊さんと共演。


西島秀俊さんが空港を歩き、エアコンの素晴らしさを語るのを「はい」と言いながらついていくメガネ美人秘書役が原田佳奈さんです。

西島秀俊さんにぶつかってメガネがずれながらの「はい」が可愛いですよ♪

 

2015年の味の素KKコンソメ「千切りキャベツで野菜スープ編」のコマーシャルでは、母親役で出演!

美人生保レディ、美人秘書から一転の母親役ですが、やはり「可愛い」と話題になったようです。


2007年には映画「アンフェア」続く2008年には「ブラッディ・マンデイ」、2014年には「女はそれを許さない」「昼顔~平日昼3時の恋人たち~」

2015年には「相棒season14」「ホテルコンシェルジュ」「花嫁のれん第4シリーズ」。

2016年には「ふらじゃいる」「警視庁捜査一課9係season11」など継続して映画やドラマに出演しています。

最近だと、充電期間中のKAT-TUN中丸雄一さんが主演を務めたドラマ「マッサージ探偵ジョー」にマッサージの依頼主・難波博美役で出演しました。

原田佳奈は「就活女優」?いったいどういうこと?

原田佳奈さんは「就活女優」と呼ばれています。

いったい「就活女優」とはどういうことなのでしょうか?

調べてみると、原田佳奈さんは、大学卒業後の2004年から自ら映画監督に「私を主演に映画を撮ってほしい」と直談判で売り込みに行っているようです。

これを「就職活動」と名付けて、自らのキャッチフレーズを「就活女優ハラカナ」としたのでした。

なぜ、原田佳奈は「就職活動」をするのか?

原田佳奈さんが「就職活動」をする理由は、「女優として自分の将来に危機感を感じたから」。

このことはご自身のブログでも発表しています(現在、ブログは閉鎖し、フェイスブックにて情報発信中)

また、原田佳奈さんの「就職活動」の様子を収録したDVDが発売されているので、その一部始終を視聴することもできます。(需要……あるのかな?それ)

現在もこの「就職活動」は継続中で、「就活女優という自分の原点を忘れないためにも、一生、就活女優は卒業しない」と宣言しています。

芸能界は生存競争が激しい世界ですから、こういった地道な努力を続けれる人が長く生き残るのだと思います。

今後も「就活女優」として、末永く芸能活動に励んでもらいたいですね!

「奥様は、取り扱い注意」 6話ゲスト 原田佳奈の演じる加藤千尋の役柄は?

加藤千尋:原田佳奈

吉岡冴月の友人。

「奥様は、取り扱い注意」6話では吉岡冴月(酒井美紀)の夫・達郎が殺害される事件が発生。

原田佳奈さんは、被害者の妻・吉岡冴月の友人である加藤千尋として出演。

同じく吉岡冴月の友人役・藤村靖子で出演する芦名星さんとは「ブラッディ・マンデイ」で共演されたこともあります。

果たして、今回の殺人事件に加藤千尋は関与しているのか、気になるところです。

 

6話でゲスト出演する芦名星さんについてはコチラ

奥様は取り扱い注意6話ゲスト藤村靖子役は芦名星!事件に関与している?

「奥様は、取り扱い注意」6話のあらすじ

菜美(綾瀬はるか)と優里(広末涼子)は、姑を見返したいという京子(本田翼)に付き合って、フラワーアレンジメント教室に通いだします。

京子が花を相手に悪戦するものの、不器用ながら女性らしいセンスを魅せる菜美。

そんな中、教室で知り合った冴月(酒井美紀)から菜美は街の広報誌の取材を申し込まれるのです。

取材当日、菜美は指定の時間通りに冴月家へ。

するとそこには、冴月の友達・靖子(芦名星)と千尋(原田佳奈)がやってきます。

帰宅が遅れると冴月から連絡を受けた2人に言われるままに、菜美が冴月の家に足を踏み入れると、なんとリビングでは冴月の夫・達郎の死体が!?

現場の状況から、菜美は達郎が何者かに殺害されたことを推察。そして、自分がアリバイ作りに利用されたと直感するのです。

死体発見の翌日から”第一発見者=容疑者の一人”として捜査協力することになった菜美は、夫の勇輝(西島秀俊)と共に警察へ。

事件は開業医である達郎の資産を狙った強盗殺人に思われていましたが、冴月に愛人がいた可能性が発覚。

マスコミは事件を痴情のもつれによる殺人だと報道するのです。

菜美は冴月意外に殺人犯がいると確信し、冴月のアリバイも成立したものの、ウワサがウワサを呼び、街には殺伐としたムードが漂い始めるのです。

大好きな街がこれ以上騒がしくなるのは我慢できない!と持ち前の観察眼で”真犯人”に目星をつけた菜美は、自らの手で事件を解決しようとしますが…。

「奥様は、取り扱い注意」5話終盤で、謎の組織の黒幕・横溝健(玉山鉄二)が登場。

未だその正体、詳細は不明ですが、主婦を使ってなにやら良からぬことをしているのは明白です。

もしかしたら、横溝健がこの殺人事件にも何らかの形で関与しているという可能性もあります。

女優・原田佳奈の演技力の評価は?

そのルックスのよさも注目されていますが、演技力の高さにも定評がありました。

主役級での出演より、脇役としての出演の方が圧倒的に多い原田佳奈さんですが、作品作りに「名脇役」は欠かせません。

継続的にお仕事が回ってきているということも込みで考えると、演技力については業界でも一定の評価を受けているといえるでしょう。

今後も「就活女優」として、地道に活動を続けていくことでしょうから、更なる活躍に期待ですね!

スポンサードリンク

(まとめ)奥様は取り扱い注意6話ゲスト加藤千尋役の原田佳奈とは?

「奥様は、取り扱い注意」6話にゲスト出演する原田佳奈さんについてでした。

CMでの印象が強いですが、脇役ながら印象的な演技で、評価を得ている女優さんです。

既に業界歴10年以上というのは意外ですし、何よりルックスから30代だとは思いませんでした。

「就活女優」として地道に活動する姿は、さながら根強く、たくましく生きる雑草といえます。

個人的には「雑草女優」というキャッチフレーズをお贈りしたいです(笑)

 

以上「奥様は取り扱い注意6話ゲスト加藤千尋役の原田佳奈とは?」についてでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。