陸王に鳥居みゆきが高校教師・栗山役で出演!原作との違いは?

陸王に鳥居みゆきが高校教師・栗山役で出演!原作との違いは?

ドラマ「陸王」3話にお笑い芸人の鳥居みゆきさんがゲスト出演。

なんと鳥居みゆきさんは、ドラマの舞台である埼玉県行田市の観光大使なのだとか!

そんな縁もあってか、「クロサギ」以来11年ぶりにTBSドラマに出演するのです。

え?もう「クロサギ」って11年も前なの!?

今回は「陸王に鳥居みゆきが高校教師・栗山役で出演!原作との違いは?」というテーマでお届けします。

スポンサードリンク

陸王で鳥居みゆきがゲスト出演する3話のあらすじは?

陸王 第3話 あらすじ

宮沢(役所広司)の懸命な説得によって、「陸王」開発にかかせない素材「シルクレイ」を使用できることになったこはぜ屋。

飯山(寺尾聰)は特許使用の条件として、自分自身も陸王の開発チームに加わりたいと申し出る。

こうして陸王の本格的なソール作りが始まろうとしていた。

しかし、富島(志賀廣太郎)は、一度会社を潰した飯山という人間を果たして信用できるのか懐疑的な目を向けていた。

一方、アトランティスからスポンサード契約を打ち切られた茂木(竹内涼真)は、怪我を治すため藁をも掴む思いで宮沢が送った陸王に足を入れた。

その履き心地に驚きを隠せない茂木だったが、走るうちにソールの不安定さが露呈して……

ドラマ「陸王」公式HPより引用

あらすじを見る限り、一切、栗山(鳥居みゆき)のことは触れられていませんね(笑)

原作ではゲンさんこと富島は、飯山を信用できず、そのことで宮沢社長と衝突してしまいます。

というより富島と宮島社長は、原作ではことあるごとに衝突しまくりなのですが(笑)

富島以外にも、飯山が信用するに値する人物かどうか見極めている従業員は何人もいます。

飯山はあまり多くを語らない職人肌の人間で、その上不器用ときているものですから、物凄く敵を作りやすいのです。

しかし、仕事に対して実直なので、その姿をみたこはぜ屋の人たちは、少しずつ飯山を信頼していきます。

不器用で勘違いされやすくても、何事も真面目に取り組むって大切ということですね。

陸王に鳥居みゆきが出演!行田市の観光大使って本当?

鳥居みゆき

1981年3月18日生まれ、秋田県生まれ埼玉県育ち

血液型O型、身長170㎝

お笑い芸人、女優、映像作家、小説家、絵本作家

2013年より劇団「東京ギロティン倶楽部」の中心メンバーとしても活動。

S&D Studioに所属後、業務提携先のサンミュージックプロダクションへ移籍

趣味:般若心境、瞑想、被害妄想

作品:小説「夜にはずっと深い夜を」「余った傘はありません」

MV「贈る言葉」「This is me」

2017年5月21日、埼玉県行田市の観光大使に就任

鳥居みゆきさん、お笑い芸人、女優だけでなく、映像作家、小説家、絵本作家としての顔も持ち合わせていたんですね。

身長も170㎝と女性にしてはすごく背が高いことにも驚きです!

あと趣味が被害妄想って……お笑いのネタではなく本気なんでしょうか(笑)

ドラマ「陸王」の舞台である埼玉県行田市の観光大使には2017年5月21日就任したということで、つい最近、観光大使になったようですね。

時期的にドラマ撮影に合わせたかのようなタイミングですね(笑)

お笑い芸人としての鳥居みゆきさんを見たときは、とにかくファンキーというかぶっ飛んだ人だなという印象が強かったですが、この人、普通に美人さんですよね。

本人は社交的ではなく、モテないと自称しているようですが、実際はどうなんでしょうか。

鳥居みゆきさんといえば「奇跡の一枚」といわれる写真がいくつもあります。

こちらの画像も、鳥居みゆきさんご本人ですが、メイクの仕方やヘアスタイルを変えるだけで、この通りです。

やっぱり女の武器は、化粧ですよ。

鳥居みゆきさんの場合は基がいいっていうのもありますが……。

でも、化粧をバカにしてはいけません、特にうす顔ならなおのこと化粧映えするんですから、男性諸君、しっかり見極めてくださいね(笑)

陸王で鳥居みゆきが演じる高校教師・栗山とは?原作での活躍は?

ドラマ「陸王」で鳥居みゆきさんが演じる高校教師・栗山は、学校の体育の授業で生徒たちに足袋を履かせるため、数社の足袋会社に問合せをしていて、その中で「こはぜ屋」宮沢社長と連絡をとり、面会をするという役です。

原作「陸王」では、光誠学園で採用するシューズを決めるコンペでアトランティスに敗北をした「こはぜ屋」でしたが、光誠学園の井田という教師が、兄弟校である町村学園の栗山に「こはぜ屋」のことを紹介したのがきっかけで、「こはぜ屋」の宮沢社長に連絡をとってきます。

連絡を受けた宮沢社長は本業の「足袋業者」として栗山を訪ね、自社の製品サンプルや資料を持ち込み、足袋の種類、品質、実績の説明をするのですが、説明を聞き終え「保護者のみなさんにも納得をしていただかないといけない」という栗山の表情にひっかかるものを感じ、事情を聞きます。

どうやら「足袋」を履いて校庭を走り回ると言うのは危険なのではないかという保護者の声があるのが問題らしいのです。

そういった声もあり、校内では「足袋」を採用するという決定に至るまでかなりの議論があったようです。

そんな事情を栗山から聞いた宮沢社長は、あるアイデアを閃きます

本業の「足袋業者」として伺ったものの、栗山のいう問題を解決するのにぴったりな製品をちょうど持っていることを思いついたのです。

それは「こはぜ屋」の新規事業で開発段階のマラソン足袋「陸王」です。

宮沢社長は「陸王」のサンプルを栗山にみせ、陸王の製品説明をしていきます。

まだこのときは、シルクレイも採用していない生ゴムソールの地下足袋と大差のない仕様でしたが、それでも通常の足袋より安全で、怪我がしにくく、裸足でも履けるという特徴から栗山は興味を示し、宮沢社長に元々予定していた足袋の見積もりに加えて「陸王」での見積もりも宮沢社長にお願いするのです。

そんな予想外な出来事があり、町村学園で「陸王」は検討され、見事に採用されたのです。

これがマラソン足袋「陸王」が初めて製品として売れた出来事でした。

このことで「こはぜ屋」は学校に「陸王」が採用されたという実績をつくることにも繋がったのです。

陸王で鳥居みゆきが演じる高校教師・栗山の原作との違いは?

鳥居みゆきさんが演じる高校教師・栗山や町村学園ですが、原作とドラマではどのような違いがあるのでしょうか?

まず第一に、町村学園の栗山先生は原作では男です。

鳥居みゆきさんは誰がどうみても女性なので、原作とドラマでは性別が違うということになりますね。

また町村学園は、原作だと千葉県佐倉市にある学校です。

ですが、ドラマでは行田市にある鳥居みゆきさんの母校が舞台なのだとか。

ということは、ドラマで登場する学校の所在地は原作と違うという可能性が極めて高いですね。(これは3話の放送が始まらないとわかりませんが)

ドラマでは学校の所在地は、特に出されませんでしたね。

また原作では町村学園は光誠学園の兄弟校という設定ですが、ドラマではもしかすると関係のない学校なのかも?(こちらもドラマ3話放送後に追記修正します)

光誠学園との関係についても特に明かされず、栗山は光誠学園の井田から「こはぜ屋」を聞いたというだけでした。

あとドラマと原作で違ったのは「足袋」を紹介した後に、事情を聞いた宮沢社長が「陸王」の試作品を車から持ってきて、紹介し、栗山が「足袋」と「陸王」の見積もりをお願いするという流れが原作ではありますが、ドラマでは宮沢社長の閃きも何もなく「陸王」も含めて商品サンプルを全て置いて帰り、栗山、町村学園側がサンプルにあった「陸王」を気に入って採用という流れでした。

「陸王」初の実績になるシーン、結構短縮されてます(笑)

陸王に鳥居みゆきがゲスト出演!舞台となる鳥居みゆきの母校とは?

鳥居みゆきさんが高校教師・栗山として出演しますが、その舞台となる学校は鳥居みゆきさんの母校。

となると、気になるのは鳥居みゆきさんの母校ってどこよ?って話ですよね。

調べてみたところ、鳥居みゆきさんの母校は(旧)埼玉県立行田進修館(ぎょうだしんしゅうかん)高等学校とのことです。

凄く長い名前の高校だ……直観的にそう思わずにはいられませんでした。

(旧)と表記してある通り、現在埼玉県立進修館高等学校という名前に変わっています。

2005年行田進修館高等学校、行田工業高等学校、行田女子高等学校の三校が統合されたようです。

少子化で統廃合が繰り返されるという現実を感じさせますね。

ということは、既に鳥居みゆきさんの母校は存在しない……というのは無粋ですね。

ちなみにですが、ドラマ「陸王」第1話で宮沢社長がプレゼンテーションをした体育館、あれは埼玉県立進修館高等学校の体育館を使用していたようです。

スポンサードリンク

(まとめ)陸王に鳥居みゆきが高校教師・栗山役で出演!原作との違いは?

鳥居みゆきが演じる高校教師・栗山は原作では男だった!

栗山が教師を務める高校は、鳥居みゆきの母校

原作では、栗山との商談が「陸王」が初めて製品として売れたエピソードで、学校に採用されたという最初の実績につながる。

実際にドラマが放送されると、もっと原作との違いがでてくるかもしれません。

そのあたりは、ドラマ放送後に追記していきます。

原作よりドラマの方が町村学園の栗山とのやりとりはあっさりとしている印象です。

とはいっても原作もそんなにページ数割いたやりとりはしてないですが(笑)

ドラマと原作の内容で結構違うなと思ったのは、坂本のシーンでしたね。

原作では坂本が宮沢社長に定期解約の入れ知恵するシーンはありません(笑)

というより、原作だと坂本は……。

続きはこちら→陸王ネタバレ坂本はどうなる?こはぜ屋を潰すって本当?

以上「陸王に鳥居みゆきが高校教師・栗山役で出演!原作との違いは?」についてでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。