陸王のモデル銀行はある?埼玉中央銀行のモデルは?

陸王のモデル銀行はある?埼玉中央銀行のモデルは?

ドラマ「陸王」に登場する埼玉中央銀行。

主人公の宮沢紘一は、埼玉中央銀行の坂本太郎から会社再建のため新規事情を提案されました。

気になるのは、この埼玉中央銀行のモデルとなった銀行はあるのか?ということ。

今回は「陸王のモデル銀行はある?埼玉中央銀行のモデルは?」というテーマでお届けします。

スポンサードリンク

陸王に登場する埼玉中央銀行のモデル銀行はどこ?

坂本太郎が務める埼玉中央銀行のモデル銀行として挙がっているのは、旧・埼玉銀行武蔵野銀行です。

埼玉県の銀行というだけあって、かつて存在した地方銀行の旧・埼玉銀行が候補に挙がっているのは頷けますね。

旧・埼玉銀行は、現・埼玉りそな銀行の源流にあたる銀行です。

また、同様に候補に挙がっている武蔵野銀行は今も存在する銀行で、さいたま市に本店をおく地方銀行です。

埼玉銀行(現・埼玉りそな銀行)も武蔵野銀行のどちらも、埼玉県を中心とした銀行のため、埼玉中央銀行のモデル銀行ではないかといわれています。

陸王の埼玉中央銀行にモデル銀行などない?根拠は原作者サイドの回答?

埼玉銀行、武蔵野銀行と候補が挙がっている中、そもそも埼玉中央銀行にはモデル銀行など存在しないという意見もあります。

その根拠となるのは原作者の池井戸先生サイドが公式Twitterで発表したコメントです。

池井戸先生サイドは、陸王は完全なフィクションで、既存の企業、製品、人物などとは関係がないとコメントをしています。

更に池井戸先生は「モデルがなくても書けるのが作家です」とコメントもしているため、陸王には元となるものはないのではと言われています。

原作者が完全なフィクションで、既存企業や製品、人物とは関係ないというなら、埼玉中央銀行のモデル銀行も存在しないというのが真実といえるでしょう。

陸王の埼玉中央銀行で働く人たち(キャスト)

坂本太郎(風間俊介)

埼玉中央銀行行田支店で企業融資担当として働く銀行マン。

企業の大小ではなく人との繋がりを考える銀行マンで「こはぜ屋」の将来を考え、社長の宮沢に新規事業を提案。

全面的に「こはぜ屋」をバックアップするものの、支店長の家長亨からよく思われず目の敵にされる。

大橋浩(馬場徹)

埼玉中央銀行行田支店の企業融資担当。

坂本の上司で、「こはぜ屋」の新規事業に対しては懐疑的で、事業提案をした坂本に対してもますます「こはぜ屋」の経営状況は悪化すると叱責する。

家長亨(桂雀々)

埼玉中央銀行行田支店の支店長。

確実な利益だけを追求し、中小零細企業への「助け舟」となる融資を渋る。

そのため、「こはぜ屋」に対し新規事業を提案し融資しようとする坂本をよく思っていない。

自分の言う通りにしない坂本を地方へ飛ばすなど権力を振りかざす。

陸王の埼玉中央銀行は池井戸作品らしく悪?

「半沢直樹」「花咲舞は黙ってない」など池井戸先生原作の銀行を舞台としたドラマでは、とにかく銀行は「悪」。

銀行そのものが「悪」だったり、銀行の役職持ちの人間が悪だったりととにかく悪者として描かれていますが、やはり陸王でも変わらずです。

池井戸先生は過去に銀行になにかされたのか?銀行にとんでもない恨みがあるのか?と言いたくなるくらいに悪者として書かれています。

もちろん全ての行員がというわけではありませんが。

陸王でいうなら坂本太郎のように人との繋がりを大切にし働く行員もいますが、池井戸作品に登場する役職持ちのほとんどは利益主義の悪であることが大半です。

埼玉中央銀行行田支店の家長支店長は中小零細企業への融資を渋り、新規事業を立ち上げ、再建を図ろうとしている「こはぜ屋」への融資をしないようにします。

「こはぜ屋」に対し新規事業をするなら融資はしない、会社を存続させたいならリストラをしろと突きつけるなど、とにかく圧力をかけ続けてきます。

「こはぜ屋」のために新規事業立ち上げを提案した坂本に対しても、自らの権力を駆使して地方へ飛ばすなど非道な手段をとります。

坂本のように懸命に働く行員の姿が描かれるものの、どうしても「悪」とされる部分が非常に強く印象に残ってしまいます。

あまりに「悪」な部分の印象が強いと、銀行ってそういうものなのかなと視聴者としては思ってしまいそうですよね。

全ての銀行、行員がそういうわけではないですが、実際に融資を断られ一家離散などということも現実にあり得るからなんともいえないのがつらいところですが。

今後どのように家長支店長や埼玉中央銀行が「こはぜ屋」に対して圧力をかけてくるのか、またその突きつけられる困難を宮沢社長たちがどのように乗り越えていくのか、陸王の見どころのひとつであると思います。

(Twitter)陸王の埼玉中央銀行をどのようにみる?


坂本のように会社に寄り添って力を尽くしてくれる銀行員は現実にはいない!という意見も目立ちました。

坂本のような行員は、幻なのでしょうか。

銀行も企業なので、利益を追求しなくてはならないのはわかりますが、坂本のような人間味のある行員がいてくれた方が利用する立場の人間としては嬉しいのですが。

スポンサードリンク

(まとめ)陸王のモデル銀行はある?埼玉中央銀行のモデルは?

陸王に登場する埼玉中央銀行のモデル銀行は、旧・埼玉銀行または武蔵野銀行という候補が挙がっていましたが、原作者の池井戸先生サイドは陸王は完全なフィクションで既存の企業、製品、人物とは関係がないと回答していることから、埼玉中央銀行にモデルは存在しないというのが真実のようですね。

そして、池井戸先生の作品らしく、陸王での埼玉中央銀行は基本的に「こはぜ屋」と対立する敵役という立ち位置です。

坂本太郎のように企業に対し尽力してくれる行員は現実にもなかなかおらず、利益最優先の家長支店長のような行員のほうが現実的というのは残念ですが、実際に銀行から融資を断られたり、貸し剥がしにあった人も多いのが現実なのでしょうね。

銀行も慈善事業ではありませんから、仕方ないのかもしれませんが、池井戸先生の銀行に対する「悪」感情の強さには何か引っかかってしまいます。

敵役はあれくらい清々しい悪を見せた方が作品的には面白いのは確かですけどね。

以上「陸王のモデル銀行はある?埼玉中央銀行のモデルは?」についてでした。

 

関連記事:

陸王ネタバレラストは?最終回までの展開と結末は?

陸王のモデルは「オニツカタイガー」なの?

陸王のモデル企業は「きねや」と「アシックス」?シューズのモデルは?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。