陸王のモデルは「オニツカタイガー」なの?

陸王のモデルは「オニツカタイガー」なの?

陸王に登場する企業や製品には多くのモデルが挙げられています。

その挙げられているモデル候補の中の一つに「オニツカタイガー」がありました。

オニツカタイガーとはいったい何なのか?名前だけだと何のことかさっぱりですよね。

今回は「陸王のモデルは「オニツカタイガー」なの?」というテーマでお届けします。

スポンサードリンク

陸王のモデル?オニツカタイガーってなに?

オニツカタイガーは昭和24年(1949年)鬼塚喜八郎が創業したスポーツシューズブランドのことです。

創業以来、バスケットボールシューズを始めとして、ランニングシューズなど数多くのスポーツシューズの開発し、高校の部活動などを中心として業績を上げていき、ついにはオリンピック日本代表のシューズを手掛けるまでに成長した企業です。

オニツカタイガーのシューズを履いた選手がオリンピックでメダルラッシュということも影響して、世界に認められるブランドとして地位を確立します。

オリンピック日本代表のシューズを手掛けたとなると、とてつもなく大きな会社な気がしますよね。

しかし、オニツカタイガーという名前はあまり聞き慣れない人も多いのではないでしょうか?

けれど「アシックス」と聞いたらどうでしょう?

一気に慣れ親しんだ名前になりませんか?

そうなんです。オニツカタイガーはアシックスの前身ともいえるブランドなんですよね。

オニツカタイガーの高い性能と価格の安さに魅せられたNIKEの前身「BRS社」がアメリカ販売総代理店を務めた1960年代。

当時のアメリカはジョギングブームでコルテッツ(現コルセア)やレスリングシューズがヒット商品化し、西海岸では特に人気を博していたそうです。

その後、オニツカ株式会社として上場を果たすなどをしたものの、オリンピック景気も終わりを迎え、業績が悪化。

昭和52年(1977年)他社との経営統合により会社名・ブランド名を現在の「アシックス」に改名し、オニツカタイガーのブランドは消滅してしまいます。

オニツカタイガーというブランドが消滅してから25年経った2002年。ヨーロッパにおけるレトロファッションの流行に目を付けた現地法人社長、尾山氏の判断により見事にオニツカタイガーが復活
その後、映画「キル・ビル」主演女優のユマ・サーマンが劇中でオニツカタイガーの「Taichi」を履いたことで一気に注目を浴びることに。

スポーツブランドでありながら、現在ではアスリートに限らずファッション性が高いと世界中のオシャレを楽しむ人々から熱狂的な支持を受けているようです。

一時は世の中から姿を消したものの、現在はアシックスに属するスポーツシューズブランドのひとつとして多くの人々に支持を受けている、それが「オニツカタイガー」です。

陸王はオニツカタイガーをモデルにしている?

ファンの間で陸王のモデルとして挙げられているオニツカタイガー。

ランニング足袋「陸王」のモデルは「オニツカタイガー」なのでは?といわれていますが、その根拠を示すものは一切ありませんでした。

ただ過去にアシックスの前身である会社「鬼塚」では、マラソン足袋を開発してたことなどから、オニツカタイガーが「陸王」のモデルと言われるようになったのではないかと思います。

またアシックスが陸王に登場するシューズメーカー「アトランティス」のモデル企業ではないかと言われていることもあり、派生してオニツカタイガーが陸王のモデルといわれたのかもしれませんね。

ですが、アトランティスはアメリカ本社の海外メーカーで、アシックスは日本の国産メーカー。

モデルというにはいささか無理があるのでは?と思ってしまいますが、アシックスの歴史とアトランティスの設定には類似点があるため、結びつけることができます。

陸王でアトランティスは優秀なスポーツ選手とサポート契約を結んで、自社の製品を履いて大会に出場してもらおうと躍起ですよね。

利益を上げるために、注目の集まる選手を広告塔に自社製品をアピールというのは理に適っています。

このアトランティスの行っている注目選手を獲得し、自社製品を使ってアピールするというのをアシックスも行っていたのです。

現在では、どこのスポーツブランドも当たり前のようにやっていることですけど、アシックスがランニングシューズを用いて世界から注目を浴びることを目論んでいたときに有名選手を獲得するという動きが実際にあったんですよね。

この実際のできごとを「頂上作戦」というのですが、実は失敗に終わってしまいます。

というのも、アシックスが目を付けたローマ・オリンピックのマラソン種目金メダリスト「アベベ」との交渉に成功したアシックスですが、専属契約というものが習慣化されてなかったために、アシックスはアベベと専属契約を締結していませんでした。

そのため、アベベは肝心要の東京オリンピックでは、アシックスのシューズではなくプーマのシューズで出場し、見事に金メダルを獲得してしまったのです。

自社製品をアピールできた絶好の機会を見逃してしまったアシックスにとって、この出来事はトラウマともいえますよね。

この過去の出来事とアトランティスの設定が似ていることからファンの間では、アトランティスのモデル企業はアシックスなのでは?といわれているようです。

ですが、アシックスからしたら、アトランティスのモデル企業には死んでもなりたくないと思います。

それはなぜか?

アトランティスは、利益優先のために、サポート選手のことはお構いなし、こはぜ屋の妨害などマイナスイメージが強く描かれています。

原作、ドラマをみている人からしたらアトランティスは「悪」に映るでしょう。

仮にアシックスが、視聴者や読者から「悪」と映る企業のモデルとなると、アシックスもこういったことをしているの?と信用問題になりかねません。

現に、陸王完全にフィクションで実在する企業、製品、人物などとは一切関係がない原作者の池井戸先生サイドも公式に発表しています。

オニツカタイガー以外にも?陸王でモデル候補に挙がった企業や製品は?

オニツカタイガー、アシックス以外にも陸王に登場する企業や製品などのモデルでは?と言われているものがあります。

先述のとおり、陸王は完全なフィクションで、実在する企業、製品、人物とは一切関係がないと公式に発表されているので、あくまで噂の範囲ではあります。

こはぜ屋→きねや足袋株式会社

物語の主人公、宮沢紘一が経営する足袋製造の会社「こはぜ屋」のモデル企業ではといわれていたのは「きねや足袋株式会社」でした。

物語の舞台である「こはぜ屋」と同じ埼玉県行田市を拠点とする会社であること、実際に原作者の池井戸先生が取材に行ったことなどからモデル企業ではないかと言われています。

原作者が取材にいっていて、物語の舞台と同じところを拠点にしている老舗足袋メーカーと聞いたらどう考えても元にしてるでしょと突っ込まれても仕方ないですよね。

陸王→きねや無敵(MUTEKI)

ランニング足袋「陸王」のモデルになったと言われるのは、モデル企業といわれた「きねや足袋株式会社」の製品「きねや無敵(MUTEKI)」です。

「きねや足袋株式会社」の拠点は「こはぜ屋」と同じで、更にランニング足袋の販売しているけど、モデル企業ではないというのが公式の回答。

ただ「きねや無敵(MUTEKI)」は取材当時、まだ販売されていなかった可能性が極めて高いです。

というのも「きねや無敵(MUTEKI)」の販売開始は2013年で、原作陸王の連載開始は2013年7月。

更に、取材当時「きねや足袋株式会社」ではランニング足袋の構想はあったものの、まだ構想段階だったそうです。

アトランティス→MIZUNO

アシックスと共にアトランティスのモデル企業として浮上したのがスポーツメーカーの「MIZUNO」

これはドラマで使用されているウェアなどがミズノ製品だったということなどから、アトランティスのモデル企業なのではないかと言われているみたいです。

アシックスにしろ、ミズノにしろ、企業イメージに大きくマイナスになるであろう「アトランティス」のモデルにはなりたくないでしょうけどね。

(Twitter)陸王のモデルはオニツカタイガーなの?

やはり、多くの人が「陸王」はオニツカタイガー、アシックスなどをモデルに作られた話なのでは?と思っているようですね。

実際に、調べてみると似ているなと思う点がいくつも出てくるので、正直なところわからなくもないというのが本音ではあります。

スポンサードリンク

(まとめ)陸王のモデルはオニツカタイガーなの?

結論、公式の発表がすべて!という結果になりました。

似ている点は多いですし、どうしても元にしてるだろ!と言いたくならなくもないですが、原作者サイドの公式の回答が「完全なフィクション」ですから、関係ないのでしょう。

ただ、モデル企業や製品のあるなしに関わらず、もしやこれなのでは?と想像するのは楽しいですよね。

以上「陸王のモデルはオニツカタイガーなの?」についてでした。

 

関連記事:

陸王ネタバレラストは?最終回までの展開と結末は?

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。