コードブルー冴島はるかの好きだった人とは?

コードブルー冴島はるかの好きだった人とは?

コードブルー3rdの5話で倒れてしまい、お腹の子を流産してしまった冴島はるか。

流産した冴島のことを話す藤川は「好きだったやつにも死なれて・・・」という台詞を言っていましたね。

コードブルーシリーズは3rdから初めて見た!という方には、一体何のこと?と思ったのでは?

今回は「コードブルー冴島はるかの好きだった人とは?」というテーマでお届けします。

スポンサードリンク

コードブルー冴島はるかの好きだった人とは?

コードブルーシリーズでフライトナースとして一線級の活躍をする冴島はるか。

クールで、ちょっとツンケンしたところがあり、白石や藤川に対して強く当たるけど、白石が黒田先生の一件で救命を辞めようとしたときも「辞めさせませんよ」というなど本当は仲間思いな一面も。

仕事をバリバリこなすキャリアウーマンタイプで、正直、藤川となぜ付き合った?と首を傾げてしまいたくなりますが、それはシリーズを通してみていれば、なんとなく頷けます。

実は、藤川が冴島と付き合うきっかけの一つとして、冴島の好きだった人が関係してきます

冴島には、好きだった人、正確には病気で亡くなってしまった恋人がいたのです。

その恋人は、元心臓外科医で、高校時代の冴島に勉強を教えた家庭教師でもあります。

流産してしまった冴島のことを話す藤川が「好きだったやつにも死なれて・・・」という台詞通り、この恋人というのは既に亡くなっています。

その恋人の名前田沢悟史(たざわ さとし)といいます。

治療法の確立されていない難病にかかり、病状が悪化し翔北に入院したところ冴島と再会したのですが、共に病気と闘っていくことを決意した冴島だったのですが、田沢は延命措置を拒否し、病気はどんどん進行してしまい、遂には病死してしまったのです。

好きだった人が病死したことで、落ち込む冴島を藤川はどうにか励まそうとしていました。

そんな藤川の懸命さに惹かれたのか、コードブルー3rd放送開始時点で、冴島と藤川は付き合い、同棲するまでになっていたのです。

冴島はるかの恋人・田沢についてはこちら:

コードブルー冴島はるかの恋人・田沢とは?

コードブルー冴島はるかの元彼氏の病気とは?

(Twitter)コードブルー冴島はるかの好きだった人とは?

スポンサードリンク

(まとめ)コードブルー冴島はるかの好きだった人とは?

冴島はるかの好きだった人というのは、治療法の確立されていない難病にかかり病死した元恋人のことでした。

冴島と元恋人の田沢のエピソードは、コードブルー1stから2ndまで続く長期エピソードです。

長い時間をかけて、2人の再会から別れまでが描かれていて、本当に泣けるお話でした。

冴島が田沢のことをどれほど想っていたか、そして、それをわかった上で、冴島を励まし支えようとした藤川と本当にキャストひとりひとりにスポットが当たっていたなと思います。

以上「コードブルー冴島はるかの好きだった人とは?」についてでした。

 

関連記事:

コードブルー冴島はるかの恋人・田沢とは?

コードブルー冴島はるかの元彼氏の病気とは?

コードブルー冴島流産の原因は?なぜ、不幸が続く?

コードブルー冴島を汚染した毒物はシアン!?胎児が流産する可能性は?

コードブルー藍沢が救命辞めた理由とは?

コードブルー黒田先生は白石にとってどんな人?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。