コードブルー冴島を汚染した毒物はシアン!?胎児が流産する可能性は?

「コードブルー冴島を汚染した毒物はシアン!?流産の可能性は?」

コードブルー3rdで、ドクターヘリに搭乗していた冴島、白石、灰谷の三人が毒物に汚染されてしまいました。

中でも、汚染源の一番近くにいた冴島は意識不明の重体。

冴島のお腹には赤ちゃんがいますから、毒物に汚染されてしまえば、お腹の子も当然に危険に晒されます。

今回は「コードブルー冴島を汚染した毒物はシアン!?流産の可能性は?」をテーマにお届けします。

スポンサードリンク

コードブルー冴島が毒物に汚染されたのは何話?

コードブルー3rd冴島が毒物に汚染された話は第3話です。

ドクターヘリで、患者を搬送中に、患者が吐いてしまし、冴島の足に嘔吐物が付着。

白石の指示で、患者の誤飲を防ぐために挿管準備に入ります。

それから間もなく、冴島の意識が失われ、次に、灰谷、白石と続けて異変が起こります。

ギリギリのところで、白石が機内の空気が汚染されていることに気付き、ヘリの窓を開放。

灰谷も意識を失う寸前のところで、窓を開けて、なんとか翔北に着くまで意識を保つことができました。

しかし、冴島だけは、意識不明の重体に陥り、このままでは、お腹の赤ちゃんも危険な状態に。

橘、藍沢を筆頭に白石と灰谷の情報を元に毒物の特定に急ぎます。

コードブルー冴島を汚染した毒物シアンとは?

コードブルーで冴島を汚染し、命に危機にさらした毒物はシアンでした。

いったい、シアンとはどのような毒物なのでしょうか?

調べてみたところ、シアンは中毒性の高い毒物で、自殺の手段として使用されることが多いそうです。

実際、コードブルーで汚染の発生源であった男性もシアンを用いて自殺しようとしていましたね。

そのおかげで、冴島たちの命までも危険に晒されたわけですが。

大量のシアン化合物が体内に侵入すると、重症の場合血圧低下、呼吸困難、意識不明、痙攣、肺水腫、意識消失が起こり、やがて呼吸停止、心停止につながります。

これは3人の中で一番重体になった冴島に現れた症状ですね。

また重症の場合、後遺症として酸素欠乏による脳障害パーキンソン症候群引き起こす場合もあるようです。

軽度の場合頭痛、吐き気、目眩といった症状が現れるそうです。

この症状は、白石と灰谷に出た症状でした。

これらの症状はシアンが体内侵入後ただちに、長くても数分以内に症状が出るそうです。

シアン中毒は、脳への影響が甚大で、迅速な処置を必要とします。

冴島は、シアンに汚染されてから、特定までに約20分経過しています。

正直、冴島が助かったのは奇跡といえるのではないでしょうか?

後遺症が何一つ出ていないのも奇跡ではありますが。

たぶん、冴島がメインキャストのひとりでなかったら死んでるか後遺症のひとつくらい出ていると思いますね、調べた限り。

また、灰谷が感じた甘い匂いシアンの特徴のひとつです。

シアンはアーモンドのような匂いがするようで、毒物特定時に、患者の呼気からアーモンド臭がするかどうかというのは大きな手掛かりになるようです。

ちなみに、シアンというと馴染みがないかもしれませんが、青酸カリというと「あ!」と思う方も多いのではないでしょうか?

某推理マンガで、よく頭脳は大人の小学生探偵がアーモンド臭がすることから青酸カリが犯行に使われたと特定するシーンが多いですよね。

コードブルーシアン中毒により胎児が流産する可能性は?

冴島がシアン中毒で意識不明の重体に陥りましたが、お腹の中にいる胎児への影響はどうなのでしょうか?

正直なところ、胎児への影響は甚大と言わざるを得ません。

軽度の白石や灰谷とは違い、冴島は意識不明の重体にまで陥り、汚染から約20分も経過しています。

本来なら母体である冴島自身が死ぬもしくは後遺症を引き起こしていてもおかしくはない状況でした。

なぜかコードブルー3rdの3話では、一度として冴島のお腹の子については一切触れられていませんが、あえて、3話時点では触れなかったことには何かしらの意図があると思われます。

それは胎児が流産する可能性を示唆しているのではないかと思います。

流産しない場合でも、胎児が障害を持っていたり、奇形児として生まれてくるという可能性もあります。

あくまで可能性ですが、それくらい危険な状態に冴島は陥ってしまったのです。

流産することになれば、冴島は出産するかしなかと迷っていたことを後悔するのではないでしょうか。

正直、親から見放され、元彼氏を失った冴島がこれ以上苦しむ必要があるのかと言いたいですが、可能性としては十分にあり得ます。

またコードブルー3rdの4話で冴島はヘリを降りるのですが、5話で倒れる事態に発展するようです。

3話で胎児について触れられず、5話で冴島が倒れるということは、胎児に危険が迫っているという事ではないでしょうか。

(Twitter)コードブルー冴島を汚染した毒物はシアン!?胎児が流産する可能性は?

 

スポンサードリンク

(まとめ)コードブルー冴島を汚染した毒物はシアン!?胎児が流産する可能性は?

冴島を汚染した毒物シアンは非常に中毒性が高く、体内に侵入してから症状がでるまでに長くても数分程度という即効性のあるもので、特に脳への影響が甚大ではありません。

相当やばいものであることは間違いありませんが、実はタバコにも微妙に含まれている成分でもあります。

ニコチン、タール、シアンとやはりタバコは百害あって一利なしですね。

コードブルーをきっかけにタバコにシアンが入ってる!?なんて知ったら、たぶんヘビースモーカーの旦那様や彼氏をお持ちの奥様、彼女は目を吊り上げてやめさせようとするのではないでしょうか(笑)

冴島には、まだまだ災難が降り注ぐようですが、行く末をしっかりと見ていきたいですね。

以上「コードブルー冴島を汚染した毒物はシアン!?胎児が流産する可能性は?」についてでした。

 

関連記事:

コードブルー冴島流産の原因は?なぜ、不幸が続く?

コードブルー拡張型心筋症は医龍でおなじみの病気だった?

コードブルー白石と藍沢が付き合う可能性は低い?

コードブルー藍沢のおばあちゃんが認知症になったその後は?

コードブルー黒田先生は白石にとってどんな人?

コードブルー藍沢が救命辞めた理由とは?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。