コードブルー藍沢が救命辞めた理由とは?

「コードブルー藍沢が救命辞めた理由とは?」

本格医療ドラマ「コードブルー」で山下智久さん演じる藍沢耕作がなぜ救命を辞めて脳外科にいたのか気になる人も多いはず。

1st、2ndと見ている人なら、なんとなくわかるかもしれませんが、3rdから見た人からすればなんで救命を辞めて脳外科にいるのと思いますよね。

今回は「コードブルー藍沢が救命辞めた理由とは?」をテーマにお届けします。

スポンサードリンク

コードブルー藍沢が救命辞めた理由とは?

コードブルー3rdの放送が始まった時に、救命に居たのは白石と藤川、そしてフライトナースの冴島です。

そして、人手不足のために産婦人科医としての道を進もうとしていた緋山が出戻りをしてきました。

この時点では藍沢はまだ救命には戻っておらず、脳外科医として救命のヘルプに入る状態です。

人手不足の救命に度々ヘルプを頼まれ、脳外科から救命に向かう藍沢。

その処置の迅速さ、的確さは周知の事実のため、救命をまとめる橘先生は藍沢に救命に戻ってこないかと打診します。

しかし、藍沢は救命には戻らないと断りますが、1話の最後に指導員として救命に戻ってきました。

なぜ救命がメインのコードブルーで主役の藍沢が脳外科にいたのでしょうか?

結論から先に申し上げると、コードブルーで藍沢が救命を辞めた理由というのは明らかにはされていません

コードブルー1st,2ndと見ていた人なら、いくつか推測を立てることはできると思いますが、はっきりとこれが理由だと言い切れるものはないでしょう。

実際に、私自身がコードブルーを見たうえで、藍沢が救命を辞めた理由というのをいくつか挙げさせていただきます。

コードブルー藍沢が救命辞めた理由①

藍沢が救命を辞めた理由の1つ目は「藍沢の目標」です。

コードブルー1stで度々、藍沢は「俺は誰よりも早く名医になる」という台詞を言います。

フェローとして救命を志望したのも、幅広く、色々な症例に触れる機会があるからという判断で藍沢は救命を志望しました。

外科医として名医になるためには、ありとあらゆる症例に触れて、経験を積まなければなりません。

フェロー時代に救命医として多くの症例をこなすことのできた藍沢は、より高みを目指すために、難易度が高く専門性の高い脳外科の道を選択したのだと思われます。

ただし、藍沢の考えるプランには、最終的に救命に戻るというのは織り込まれていると思います。

あくまで脳外科に進んだのはより専門的で難易度の高い脳のオペをこなすためだけで、技術と経験を積めば、遅かれ早かれ救命専門のドクターとして戻ってくることは決めていたのでしょう。

というのも、コードブルー2ndの最終回で、藤川と緋山が救命を辞めて脳外科に行った藍沢について話をしているシーンがあり、緋山が「脳外科、心臓外科を回って救命に戻ってくる」と藍沢が言っていたということを藤川に伝えています。

このことから、藍沢は専門性の高い脳と心臓の症例を数多くこなして、最終的には救命に戻ってくるつもりだというのが読み取れます。

コードブルー藍沢が救命辞めた理由②

藍沢が救命を辞めた理由2つ目は「脳外科の方が難易度が高い」です。

正直、この理由は1つ目の名医になるという目標に繋がっています。

コードブルー3rdを見ている方はわかるかもしれませんが、藍沢は救命に指導医として戻ったときに、白石に救命にくる脳外科患者を全て独占できるというようなことを言っていました。

この言葉だけ聞くと、脳外科にわざわざ行かなくとも救命に残ったまま脳外科患者を診ればいいのでは?と思ってしまいそうですよね。

コードブルー2ndの3話で濱田岳さん演じる重症患者が杉本哲太さん演じる脳外科の西条を見て、ひとりだけ色の違うスクラブを着ていることに疑問を持ちます。

その疑問に、現場にいた橘先生(椎名桔平)が西条は脳外科の医者で、脳外科だけは救命でも手が出せないからこうして現場に来てもらっていると伝えます。

その言葉を聞いた患者は「それだけ脳外科は難しいんだ」と感心したようにいい、西条も笑顔で「そういうことです」というやりとりがあります。

このことから、藍沢は救命では中々手の出せない脳外科患者の症例に触れる機会を増やすために脳外科を選択したと思われます。

また脳外科である程度経験を積んだからこそ、藍沢は救命の脳外科患者は全て独占できるという判断もできたのでしょう。

コードブルー藍沢が救命辞めた理由③

藍沢が救命を辞めた理由の3つ目は「目標とする人物が西條だから」です。

明確に藍沢が脳外科の西条を目標にしているとしたシーンはありませんが、コードブルー1st,2ndを見ていれば藍沢たちはそれぞれに支持している先生がいると思われます。

白石は黒田先生を尊敬し、救命のエースになろうとしています。

藤川は森本先生が専門としていた整形外科医に。

緋山は三井先生に影響を受けて産婦人科医の道に。

そして、西条先生は元々救命にいて、黒田先生のライバル的な立ち位置で救命で経験を積んだ後に、脳外科医としての道を進んでいます。

元救命医で、今は難易度の高い脳外科医として活躍している西条先生に藍沢が影響を受けて、同じ道に行こうとしているというのも十分ありえますよね。

とはいってもこれはドラマ的にこうだったら面白いかなというだけで、理由としては弱いですが。

黒田先生と西条先生がライバル関係だったように、2ndまでの白石と藍沢はライバル関係という表現が合っていたと思います。

それがなぜか、コードブルー3rdでは恋愛を匂わすような表現をされて、若干弱まっているのが残念ですが。

ただ、藍沢が難易度の高い脳外科、心臓外科の知識と経験を積んで救命に戻ってくることで、翔北救命はより強力なスペシャルチームになることは間違いないでしょうね。

コードブルー藍沢が救命を辞めたことについて

やはり、藍沢の存在は救命には必要だという声が多いですね。そもそも、藍沢がいないとコードブルーが始まりませんしね。

反面、脳外科の黒いスクラブ姿の藍沢をもう少しみていたいという声も。

藍沢が戻ってきたときの、圧倒的な安心感は同期の3人や冴島の表情をみればわかりますが、もう少し救命に戻るのを先延ばしにして、脳外科と救命を天秤にかけて苦悩する姿を描いてもよかったのではないかと思います。

スポンサードリンク

(まとめ)コードブルー藍沢が救命辞めた理由とは?

いかがだったでしょうか。

「コードブルー藍沢が救命辞めた理由とは?」ということで、いくつか藍沢が救命を辞めた理由を挙げさせていただきました。

元々翔北救命を支えていた黒田先生たちのポジションを藍沢たちが埋めるというのはドラマ的にはありだと思います。

けど、藍沢が救命を辞めた理由としてはちょっと弱いですかね、やっぱり。(自分で書いといてなんですが)

一番有力なのは「俺は誰よりも早く名医になる」という藍沢の信念がそうさせたというところでしょう。

コードブルー3rdでもしかしたら、新人フェローたちがなぜ藍沢先生は脳外科に行ったのですがと聞くかもしれませんね。

そうなれば、藍沢の口から明確な理由が聞けるかも。

どのみち、藍沢は脳外科から心臓外科へ行くというビジョンを持っているので、大きく路線変更しない限りは、また脳外科に戻るのだと思いますが、今後のコードブルー3の展開を楽しみしましょう。

以上「コードブルー藍沢が救命辞めた理由とは?」についてでした。

 

関連記事:

コードブルー藍沢の母親の死因はなに?手紙とは?

コードブルー藍沢と白石は恋愛関係にある?

コードブルー黒田先生とは誰が役者?腕切断のその後と出演は?

コードブルー山口匠とは誰?

「コードブルー3」オペレーター(CS)町田響子役は誰?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。