貴族探偵8話ネタバレ感想・視聴率は?政宗是政は公安絡みのヤバい人物?

フジテレビで月曜放送のドラマ「貴族探偵」第8話の放送が終わりました。

前回の7話では、愛香の師匠である喜多見切子が最後に関わった事件について話が進み、切子と貴族探偵との関わりが明らかになりました。

7話終盤、切子に自身の核心に迫る何か?を探られた貴族探偵は、謎多き使用人である鈴木に切子の抹殺を指示。

最終回まで直前ということで、貴族探偵の正体の核心に近づいていきそうです。

そんな7話から続く、今回の「貴族探偵」第8話のネタバレ感想のまとめと視聴率を掲載しています!

それでは、さっそく見ていきましょう!

関連記事:

「貴族探偵」8話の見逃し動画情報!

スポンサードリンク

ドラマ「貴族探偵」8話の内容(あらすじ)

貴族探偵(相葉雅紀)は、特命秘書の鈴木(仲間由紀恵)に喜多見切子(井川遥)の殺害命令を下していた?

高徳愛香(武井咲)は、切子の手帳から政宗是政という人物の名を見つける。

切子はこの男を調べようとして殺害されたのだろうか?

政宗是政こそ貴族探偵の正体なのか?

愛香は事務所に鼻形雷雨(生瀬勝久)を呼んで、今まで自分が調べたことを話す。

そして、切子の死に貴族探偵が絡んでいるのではないかと岸田氏、鼻形に政宗是政について警察の力で調べてほしいと頼む。

ちょうどその時、愛香の大学時代の先輩、韮山瞳(上原多香子)から電話が入った。

瞳は母校の准教授をしていたため、久しぶりに大学を訪ねた愛香。

そこには、最近瞳と知り合った貴族探偵がいた。

研究室で扱う光るキノコを見に来た貴族探偵に愛香の先輩であることが判った瞳を通して、見にこないかと誘われたのだ。

そんな話の途中、貴族探偵は自分のことを調べるのは命がけになると愛香に忠告する。

推理の無能ぶりまで指摘された愛香が起こると、貴族探偵は席を外してしまった。

憤る愛香に優しくお茶を供する田中(中山美穂)。

愛かは貴族探偵に仕えた理由を尋ねるが、田中が答えることはなかった。

そんな時、女性の悲鳴が!

愛香が駆けつけると、韮山研究室のゼミ幹、大場和典(松川尚瑠輝)が殺されていた。

警察の捜査が始まると、貴族探偵はこの事件を愛香に依頼すると言う。

だが、それは叶わなかった。

なんと、愛香が重要容疑者として連行されてしまったのだ!

ドラマ「貴族探偵」8話のネタバレ

今回の事件は、愛香の母校で起きます。

愛香の大学時代の先輩である韮山瞳(上原多香子)の研究室のゼミ幹・大場和典(松川尚瑠輝)が何者かによって絞め殺されていたのです。

殺害現場の扉の外にいたのは貴族探偵ーー愛香は、鼻形雷雨を呼び出し、師匠の喜多見切子(井川遥)が事故で亡くなったことを鼻形雷雨(生瀬勝久)に伝えます。

その直前に貴族探偵と推理対決をしていて、師匠の死に貴族探偵が関係しているのではないかと自分の考えを話す。

そして、「政宗是政」という人物についても警察の情報網で調べてほしいと愛香は鼻形に頼みます。

鼻形は切子にお世話になった過去があるため、愛香からの頼みを引き受けます。

その直後、愛香の大学時代の先輩・韮山瞳から呼び出され、韮山が准教授を務める母校を訪れます。

韮山を訪ねた愛香は韮山から開口一番「びっくりした。まさか彼とあなたが知り合いだったなんて」と言われます。

愛香が隣室をみると、そこには女性たちと楽しそうに話をしている貴族探偵の姿が。

「こんなところで何やってるんですか?」という愛香に対し、貴族探偵はきのこを観察しながら恋の相談にのっていたといつもの調子で話ます。

貴族探偵はとあるパーティで知り合い、韮山から光るきのこを見せてもらいに来たと語ります。

貴族探偵から自身のことを調べるのは命がけだと念を押され、今は亡き師匠も、弟子の無能ぶりに嘆いているのではと嫌味を言われます。

声を荒げる愛香を尻目に、貴族探偵は席を立ちます。

残された愛香はメイドの田中と話をしていると突如、悲鳴があがります。

愛香が駆けつけると、ゼミ幹の大場が息絶えていました。

愛香に続き、貴族探偵、事件関係者のゼミ生が続々と姿をみせます。

現場には抵抗したのか、カップが割れており、蛇口からは水が断続的に出たり止まったりを繰り返してました。

水が出たり止まったりする現象は、断水が行われていたが、予定よりも早く断水から復旧し再び水がでるようになったためでした。

警察の現場検証が始まり、死亡推定時刻は14~15時の間で、この時間帯にはすでに貴族探偵は研究室に到着していたため、愛香は何か知っているのではないかと貴族探偵に聞き取りをしますが、貴族探偵は乙女の恋に想いを馳せていたのでと適当にあしらう。

貴族探偵は、愛香が警察から捜査協力をあしらわれているのなら、自分が口利きをしようと、メイドの田中に命じ、愛香が捜査に介入できるように指示を出します。

しかし、問題が発生。なんと、愛香が事件の重要参考人として警察に連行されてしまうのです。

殺害現場は内側から鍵がかかっており、遺体発見を遅らせるためだと思われる使用中のプレートがかけられており、そのプレートから愛香の指紋が検出。さらに、大場と愛香は昔トラブルがあったと証言を得ているため、話を聞かせてもらう必要があると刑事から言われます。

警察署で刑事たちから取り調べを受ける愛香のもとに、鼻形がやってきます。手土産としてカツ丼を持ってきた鼻形は、カツ丼を頬張りながら愛香から大場と過去にあったトラブルについて話を聞きます。

高校時代に、ストーカー被害にあった経験から、男性恐怖症になった愛香。そんな愛香を執拗に誘ってきた大場。愛香はこのことを切子に相談すると、切子は大学に乗り込み、大場の胸倉をつかみ「あんたさ?愛香に何してくれてんのよ?今度ちょっかいだしたら許さないからね!」と凄みます。切子のおかげで、大場はそれ以来。迫ることはなかったと愛香は話します。

愛香から話を聞いた鼻形は、犯人を捕まえてやると宣言し、常見真吾と冬樹和泉を引き連れて、大学で事情聴取を行います

大場の遺体には、後頭部を鈍器で殴られた後があり、意識が朦朧としたところで絞殺されたということで、女性でも犯行を行えるようです。

女性でも犯行可能な上に、愛香を含む現場にいた6名全員にはアリバイがなかったため、頭を抱える鼻形たち。

一旦引き上げようとした鼻形の前に、佐藤・田中・山本の3人が現れ、愛香のために事件を推理したと言います。

注目すべきはティーカップだという山本。ティーカップは全部で5色あり、学年、性別などで使う人によって色が分かれていて、瞳のみ、マイボトルを使っていたためカップは使っていなかったようです。

「断水によってヒントが残されることとなりました」という山本。鼻形は断水で洗えなかった犯人は、カモフラージュのために洗剤の入った洗い桶につけたと推理。洗い桶にあったのは、三島が使ったと思われるオレンジ、田京が使ったと思われるピンク、愛香が使ったと思われる来客用の黒のカップが入っていました。

また、田中は瞳からの証言で、大場は上下関係に厳しく上座・下座という座る位置にも厳しかったといいます。殺害された当時、大場は下座に座っていたことから、犯人は大場よりも目上の人間と推測する鼻形。

しかし、三島、田京ともに大場の後輩のため、オレンジとピンクのティーカップを取り除くと残されたのは愛香に出された黒色のティーカップのみ。

状況証拠から愛香が犯人だと思われたとき、鼻形が真犯人がわかったため、みんなを集めてほしいと言います。

お馴染みの貴族探偵の天幕に愛香と刑事を含む一同が集まります。

貴族探偵から「さっさと終わらせいただけますか、官憲殿」と言われる鼻形でしたが、情報をまとめるのに必死。山本、愛香の声に気づき、ようやく上ずりながら推理を始めます。

犯人を特定するのは不可能かと絶望したが、ティーカップの色、上座・下座の位置を読み解くことで犯人を絞り込むことができたという鼻形。

シンクに残されたカップの色から三島、田京が容疑者として浮上したが、上座・下座を気にする大場の性格を考えると後輩である三島、田京は容疑者から外れるという。やはり、来客用の黒のティーカップを出された愛香が犯人ではという周囲の声を否定する鼻形。

殺害された大場は女性を下にみる傾向があるため、女性である愛香に上座を譲ることは断じてないと。では、誰が?という中で鼻形は「1人だけいるじゃないですか?来客用のカップを出され、被害者より上座に座る人間が。犯人はあなたですね?貴族様」とーー。

「これは面白い冗談ですね。」という貴族探偵に対し、「冗談ではありません。」と続け、大場和典を殺したのは貴族探偵だと言い切ります。

貴族探偵は立ち上がり「覚悟はできているんだろうね?」と鼻形に尋ねる。鼻形は貴族探偵専属刑事(マル貴)であることを表す腕章を外し、「普通の刑事に戻らさてもらいます!」と言い切りました。

しかし、貴族探偵は「だそうだ?田中どう思う?」と田中へ意見を求めます。意見を求められた田中は「御前様は見知らぬ誰かが淹れた紅茶を飲むようなお方ではございません」と静かに述べます。

貴族探偵は自分に紅茶を淹れ続けた田中を侮辱するその行為は犯人扱いされるより屈辱的だといい、田中へ推理の手本を見せてやれと命じ、田中が推理を始めます。

犯人は大場を殺害した後、ピンクのティーカップをテーブルに置いて、自分たちが使用したティーカップは洗って収納。

その後、現場を訪れた田京がテーブルに残されたピンクのティーカップを発見したため、自分が疑われると思い、適当にいくつかのカップをシンクの桶に入れた。

つまり、犯人は断水前に犯行を済ませていたと推理される。

犯行時、下座にあったティーカップが割れて落ちてしまった。落ちたティーカップは被害者・大場のものであったと見せかけるため、犯人は上座に座っていた大場を下座に移動。

つまり、犯人は大場と同じ学年の学生が使う緑のティーカップを使っていた人物だとされます。

該当する人物は茨城和典でした。

茨城は、被害者の大場に田京恵を奪われた腹いせに殺害したことを認めます。殺害後、自分から大場に乗り換えた田京に罪をきせるために、ピンクのティーカップをテーブルに置いたのだと。

事件が解決した後、愛香は貴族探偵に今回も最初から事件の真相に気づいていのではと尋ねる。貴族探偵は適当に話をはぐらかし、立ち去ろうとします。

立ち去ろうとする貴族探偵に愛香は「あなたは大場君の遺体を最初にみつけていたんじゃないですか?だから私をここに呼び寄せた。過去に大場くんとトラブルがあった私は警察に疑われることを計算して」と尋ねます。

なぜそんなことをする必要があるのかと、貴族探偵。

「私は1年前、師匠とあなたの間になにがあったのか調べていました。これは、あなたの正体へ近づこうとする私への警告だったのではありませんか?」という愛香に対し、そんな回りくどいことをしなくても、あなたを抹消する手はいくらでもあると言います。

ただ、切子の死についてはこれ以上詮索することはおすすめしないと釘を刺し、愛香の前を去ります。

その後、事務所にマスクとサングラスで顔を隠した鼻形が訪れ、政宗是政について愛香に伝えます。警視庁のデータベースを探ってみた結果、政宗是政は公安絡みで、年齢、国籍、家族構成など全て謎に包まれており、顔写真なく、シンガポールを拠点に黒い活動をしているということがわかったと。

鼻形から話を聞いた愛香が思い浮かべたのはーー貴族探偵。

ドラマ「貴族探偵」8話を見た世間の感想

ドラマ「貴族探偵」8話の視聴率は?

判明次第追記します。

スポンサードリンク

ドラマ「貴族探偵」8話の感想(まとめ)

「貴族探偵」8話。今回はまさかの鼻形警部補が愛香のために、貴族探偵に喧嘩を売るという予想外な展開でした。

しかし、見れば見る程、謎の多い人物ですよね、貴族探偵は。

ただ、今までの話を振り返ってみると、貴族探偵に疑いを持っている人間以外は、全員貴族探偵について好印象なんですよね。

有能な使用人たちはもちろん、今までの事件関係者で貴族探偵を悪くいう人物は登場していません。

実際のところ、貴族探偵は自分が犯人だと推理した鼻形に対し、疑われたことではなく、使用人である田中を侮辱したことが屈辱だと怒りを露わにしていました。けれど、自分を疑ったことに対して鼻形警部補を責めるということは一切していません。

8話を見る限り「政宗是政」という公安絡みの黒い人物ですが、この人物が貴族探偵というのはどうにも考えにくいです。

となると秘書の鈴木に殺せと命じたのは一体だれを指していたんだ?ということになります。

この殺せというのは、命を奪うということではなく世間的に存在を殺せということなのでは?と思うようになりました。

「政宗是政」という人物は、貴族探偵ですら手を焼くほどの権力を持っていて、危険な人物なのだとすれば、「政宗是政」は自分に近づく人間の命を簡単に奪うということはあり得ます

だからこそ、貴族探偵は「政宗是政」という危険人物に近づいた喜多見切子の安全を確保するために、事故死に見せかけ、世間から存在を消したのかなと思いました。

となると、喜多見切子は別の人間としてどこかで生きているということにもつながるのですが(笑)

でも「政宗是政」に近づいた人間の安全のために、世間から存在を抹消させているなら、愛香も、そして、今回で鼻形警部補もその中に入ることは確実なのですが……つまり、死亡フラグ(戸籍抹消ルート)!?

秘書の鈴木が愛香を監視しているのも、実は「政宗是政」から愛香を守るためなのでは?と思わなくもないです。

ほんと、このドラマ、終盤になるにつれてどんどん引き込まれてしまいますね(笑)

というわけで、貴族探偵8話ネタバレ感想・視聴率は?政宗是政は公安絡みのヤバい人物?についてでした!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

関連記事:

「貴族探偵」8話の見逃し動画情報!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。