CRISIS 8話の感想・怒涛の7分半を見逃すな!

2017年5月30日放送のドラマ「CRISIS」8話の感想が気になるという方、ようこそ!

個人的に今回の見所は、ストーリー後半の怒涛の7分半でした!

いったい、怒涛の7分半って?と思われた方はぜひ最後まで読んでみてください!

感想にはネタバレ要素も含んでいます。

それでは、行ってみましょう!

関連記事:

ドラマ「CRISIS」8話の見逃しはこちら

スポンサードリンク

ドラマ「CRISIS]8話の内容(あらすじ)は?

公安の協力者として新興宗教団体”神の光教団”に潜入している林智史(眞島秀和)から、妻の千種(石田ゆり子)を介して「重大な情報を手に入れた」と連絡を受けた田丸(西島秀俊)。

数日後、極秘裏に林と会った田丸は、教団が画策しているテロの情報を教える代わりにスパイを辞めたいと取引を持ちかけられ、動揺する。

任務から解放されれば、林は千種の元に帰ることになるからだ。

さらに林は、テロを阻止した後、自分たち夫婦を保護すると、事前に覚書を交わしてほしいと要求。

田丸から話を聞いた青沼(飯田基祐)はその条件を承諾するが、一方で、田丸と千種の関係を不安視していた。

林の情報によると、テロの決行は2日後で、標的は文部科学大臣。

青沼からテロ情報の報告を聞いた鍛冶(長塚京三)は、意味深な表情を浮かべながら特捜班に警備を一任することを決める。

テロ決行当日、稲見(小栗旬)はいつもとどこか違う田丸の様子が気に掛かる。

その頃、大臣が登壇予定のイベント会場には、”神の光教団”の元信者がカバンを手に身を潜めていた。

そして大臣が到着すると、警備の目をかいくぐり、会場内で歩みを進める大臣に急接近。

カバンの中から何かを取り出そうとするが、次の瞬間、駆けつけた稲見と田丸によって間一髪拘束される。

大臣の危機を未然に防ぎ安堵(あんど)したのもつかの間、男からカバンを奪い取って中身を確認した田丸は、教団の真の狙いに気づき、ぼうぜんとその場に立ち尽くしてしまい…

ドラマ「CRISIS」8話の感想

今回のドラマ「CRISIS」8話は西島秀俊さん演じる田丸を主にしたお話でした!

カルト教団”神の光教団”にスパイとして潜入していた千種(石田ゆり子)の夫である林が重大な情報をつかんだということで、田丸と接触し、情報と引き換えにスパイをやめたいという取引を持ち掛けたのですが、田丸はものっすごい動揺。

千種に惹かれていたので、林に戻ってきてもらうのは困るということなんですよね。

結論、林の要求は飲まれ、特捜班はテロを未然に防ぐために動き、文部科学大臣に近づく”神の光教団”教団員を取り押さえるのですが、教団員が持っていたカバンの中には何も入っていません!

林の裏切り?

いえいえ、実は教団の方に林がスパイだったことがバレていたのです。

なぜ林は気付かれたのか?

それは、林の妻である千種が教団に密告していたからです。

千種はお金につられて、国家のためだと自分を2年間も放って出て行った林と元にもどるつもりはないといいます。

自分に好意をもっている田丸に「私がほしくないの?」と問いかける千種。

田丸も複雑な思いがあったんだろうなと思いますが、自分を押さえ、林の救出に向かいます。

退職届を残し、一人、教団本部に向かう田丸。

いよいよというタイミングで、現れる特捜班メンバー!!

もうね、カッコいいの一言ですよ。

これから敵の本拠地に殴り込みをかけるというのに、稲見(小栗旬)は飄々としてますし(笑)

(林のもとへ)誰が先につくのか競争だなと、まるでゲーム感覚な稲見の言葉には絶対的な自信を感じました!

バーで松永芳(野崎萌香)と会話しているときは、タジタジだったくせに(笑)

そして、始まる怒涛の7分半!

150人近くいる教団員相手にたったの5人で殴り込みをかける特捜班。

アクション!アクション!アクション!の連続です。

白い教団服をまとった教団員たち相手に黒っぽい服をきた小栗旬が殴り込みーークローズZEROⅡかな?(笑)

クローズZEROのアクションとは違い、激しいだけでなく、どこかスマートさもある怒涛のアクションシーンは圧巻の一言です!

このアクションシーン、カメラ1台で回しているようだったのですが、カメラマンさん大変だったろうなと思いましたね(笑)

ドラマ「CRISIS」8話をみた世間の反応

スポンサードリンク

ドラマ「CRISIS」8話感想 まとめ

ノーカットの長回しで取られた怒涛のアクションシーンは圧巻の一言です!

教団との対決が終わって、千種は安全のため海外へ行くことになるのですが、田丸との別れのシーンは切なさを感じましたね。

けど、千種が密告しなければ、田丸たちはあんな危険な目に遭わなかったんじゃないのかと思うと複雑でもあります。

あと鍛冶(長塚京三)が黒幕なんじゃないの?というくらいブラックな気がしてならないですね。

青沼から「特捜班を使ってどこまで行く気ですか?」という問いかけに意味深な笑みを見せるだけ…。

もう怪しさ満載ですよ、あの人。

次回は、稲見がメインかな?

稲見の友であり敵として、金子ノブアキさん登場するみたいです!

9話も見逃すな!という感じの「CRISIS」8話でした(笑)

 

関連記事:

ドラマ「CRISIS」8話の見逃しは?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。